お肌について勉強しよう②

こんにちは。ミッシェル商事のkunisiです。本当に寒くなってまいりましたね。インフルエンザも流行っているようですのでくれぐれも健康に気をつけてくださいね。(^_^;)

 

以前にもお話いたしましたが、エステティシャンの方は年中マスクを使用してください。

 

さて、忙しくって更新できずにおりましたが、久々に前回の続きでお肌に関してのお勉強をしてみましょう。

 

前回は皮ふの構造についてお話いたしました。構造なんかよりもキレイになれる話をしてください。と思われる方もいらっしゃることと思います。しかしながら、プロのエステティシャンたるもの皮ふの構造や働きを知らずにお客様と接することは絶対にできないので知っていることも知らなかったことも おさらいだと思ってお勉強してみましょう。

 

皮ふには大切な働きがありますよということでしたね。(覚えてる?)

 

まずは〈保護作用〉ですが、自分自身の体を考えていただければよ~くわかると思うのですが、外界と自分自身の境目は、皮ふです。地球上の様々な環境の中で生きていく上で、いろんな刺激がありますがまず一番外側で 頑張ってそれらの刺激からの影響を食い止めるために守ってくれているのが「皮ふ」なわけですね。

 

どんな刺激があるでしょうか?

(1)外からの衝撃(物理的な刺激)を皮ふがクッションのような働きで防ぎます。

 

(2)触れるもの(化学物質的な刺激) 例えば 水や油、酸性やアルカリ性物質に対して皮脂膜や角質層で 体内への侵入を防ぎます。

 

(3)細菌類などを 弱酸性にお肌上を保つことで、雑菌類の繁殖を防いでいます。お肌上には細菌類はいっぱいいますが、弱酸性に保たれていることで 一定の細菌叢(さいきんそう)を作ることで より有害な細菌などの繁殖を防ぐわけです。イメージとしては、あまりお肌にとって悪くない細菌群を一定量保つことで、より悪い有害な細菌がお肌に付着した際に、常駐している細菌叢によって 有害菌を繁殖させない防御策という意味です。

 

(4)日光に対して(特に紫外線) 体内の物質(メラニン)や皮脂や汗に含まれる(ウロカニン酸)また、角質自体が肥厚して 紫外線を体内へ吸収させないようにしてくれています。

 

本来生まれながらにして このような保護機能を皮ふは持ちあわせてはおりますが、上記のようないろんな刺激にも、大小ございますので 人間が防御できる刺激にも 当然限界があるわけです。特に加齢とともに 防御機能は衰えます。ですから、普段から皮ふを助けてあげることを行っていかなければ若い時のように自然になにをやっても守ってくれているとは限らないわけですね。(T_T)

 

〈保護作用〉を助ける方法といたしまして、

・乳液(セラム含む)やクリーム(ジェル含む)などは 皮脂膜を補いますので異物の侵入を防いでくれます。

*皮脂膜については ご存じない方のために又の機会にご説明させていただきます。

・化粧水は皮ふを弱酸性に整えて、悪い菌類の繁殖を抑えてくれます。

悪い菌が繁殖いたしますと、ニキビや炎症、肌アレなどの元になることがあります。

・日焼け止めは、今は年中使用する事を推奨されています。

オゾン層の破壊で紫外線量が年中強くなったことが原因と思われます。

色んな強弱のUV商品を利用して、そのTPOに合わせた予防を行いましょう。

 

皮ふの状態を ちょっと手助けして上げることでより保護機能がたかまることを知っていてくださいね。

 

それでは、本日はここまでです。

次回は 皮ふの大切な働きの次の項目〈分泌作用〉です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

お肌について勉強しよう①

こんにちは。kunishiです。今月でいよいよ今年も最後の月ですね。忙しいとばかり言っておられませんが、とても気忙しい感じがしますね。あせらず、気持ちを引き締めて頑張りましょう。

 

さて、このブログでのお勉強コーナーと題して、エステ関係者の皆様に(初心者からベテランさんまで)お伝えしていきたいと思う内容を まったくの独断で順不同にて書き連ねてまいりますこのコーナーですが、本来ですと、一番最初にやればよかったと思うお勉強を今回から始めてみたいと思います。

 

◆エステティシャンの必須科目「お肌について」勉強してまいりましょう!

 

お肌=皮ふではないと思うのですが、具体的には お肌は表面的に見える部分の状態のことで皮ふは 内部構造も含めたものと考えています。しかし、お肌を良い状況に保つためには、皮ふのことをよ~く知っておかないといけませんし、これから随時お勉強していくエステ技術や化粧品のことを理解するためにも皮ふのお勉強は、基本にあたる部分だと思いますので、今さらながらではありますがちょっと面白くはないかもしれませんが、お付き合いいただければと思います。

 

皮ふの構造からお話を進めてまいります。皮ふには、表皮、真皮、皮下組織の3層とその他の器官(汗腺や皮脂腺など)を総称したものです。厚みは場所で異なりますが2~3mm程度しかありません。この3層が体を守るための重要な器官となっております。

 

(表皮) もっとも外側の層。お肌と呼んでいるのは、外観から見えるこの層です。

(真皮) 表皮の下の層。乳頭層と網状層があり、皮ふの弾力やハリと深い関係があります。

毛細血管やリンパ管、皮脂腺、汗腺、神経などもこの層に分布しています。

(皮下組織) 多量の脂肪分を含んだ層で、外部からの衝撃に対してクッションの役割をしたり

体温を保持するなどの働きがあります。

 

一番、私達の仕事に関係している〈表皮〉から説明していきたいと思います。

表皮はお顔の場合、成人で0.1mm程度しかありません。4つの層に区分することが出来ますが、いろんな役割があります。外側から

〈角質層〉〈顆粒層〉〈有棘層〉〈基底層〉

〈角質層〉は、一番外側で、すでに皮膚細胞としては生命力はありません。平べったい板状の細胞となって、重なり合っています。主成分はケラチンというタンパク質です。また水分を吸収する性質が強いので適度な水分を含んでいると みずみずしいお肌の印象になります。また、紫外線などの刺激によって厚みが変化することがあります。

 

〈顆粒層〉は、数層で構成されている場合が多く 特長としては、細胞内部にケラトヒアリンという顆粒状の物質を含んでおりこの顆粒が光線を屈折するので、紫外線などを体内に過剰に吸収する防御を行っています。

 

〈有棘層〉は、表皮の大半を占めている層で10層くらいあります。細胞同士が手をつないで結合しているような状態で、お互いに連絡しています。この層にはリンパ液が流れていますので、細胞に栄養を運んでいます。

 

〈基底層〉は、表皮細胞を新しく生み出す母細胞の層です。メラニンを生成するメラノサイトを含んでいます。表皮の一番下の層で細胞分裂を行うことで、表皮を生産しています。

 

おおざっぱではありますが、

このような構成で、一番下の基底層から生み出された表皮細胞は、徐々に上に押し上げられていきますが、通常ですと28日程度で角質層までたどり着いて、その後 垢となって剥がれていきます。正常な状態で このように28日周期で剥がれ落ちて新しい表皮を維持していく過程をターンオーバーと呼んでいます。

 

これらの皮ふの働きといたしましては、主に保護作用、分泌作用、角化作用、吸収作用、体温調節作用、呼吸作用、知覚作用、ビタミンD形成作用、表情作用 などとてもたくさんの働きがあります。

 

どれも大切な働きではありますが、これから順番に説明していきたいと思います。

 

エステティシャンとして「きれいな素肌を目指す」お仕事をするからには、お肌のスペシャリストにならなければなりませんので、お肌には、どんな働きがあるかを知った上で、エステ施術や化粧品がお肌をキレイにすることにどうしたらお役に立てるのかを今一度考えていただくためには、とても大切なお勉強だと考えています。

 

どうしても説明が多いので、理屈っぽくなりますが、お客様から ご自分のお肌状態を尋ねられた時に、より詳しい分析をしてあげられるようになったら、きっとお客様からの信頼も厚くなると思いますので、よりスペシャリストといえるレベルのエステティシャンを目指していただくために一からお勉強してまいりましょう。

 

不定期ではございますが続けていきますので お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

ポレーションって何?

こんにちは。(有)ミッシェル商事の國志です。今日もエステティシャンの皆様に有用な情報をお届けしたいので頑張ってお話したいと思います。

 

タイトルの「ポレーション」ですが、エステティシャンの皆様でしたら、すでに聞いたことがあったり お勉強したことがあったりしていらっしゃるのではないでしょうか?

 

もし、初めて聞いたという方は この機会にぜひ、覚えておいてくださいね。

 

ざっくりと申しますと、美容機器を使用して お肌へ有効成分を強制的に導入する方法のひとつがポレーションという技術です。イオン導入という方法も聞いたことがあると思いますが、どのように違うか これまたざっくりと簡単に説明させていただきます。

 

イオン導入法は、すでに多くのエステサロン様で施術メニューとして実施していらっしゃる方も大変多い方法だと思います。そのくらい人気があるメニューですし、効果も期待できる方法です。イオン導入でお肌に浸透させることが出来る成分といいますと 水溶性のビタミンCなど お肌に電気を流すと 成分自体がイオン化(+とか-イオン)していることが条件となります。

 

電気の流れる方向を調節することで、お肌上にのせた有効成分と電気が反発することで強制的にお肌の深い層にまで 有効成分を届けることが出来るという優れた導入方法です。一般化粧品を普通に塗布する場合に比べて、その浸透効果は30倍~50倍といった研究成果も発表されたりしています。

 

当社では 特にイオン導入用としてはビタミンCにプラセンタを加えた「Cプラ」という製品が人気です。しかし、このイオン導入法には弱点もございます。上記に書いたようにビタミンC&プラセンタ水溶液のようにイオン化して浸透する成分には大変有効なのですが その他のイオン化しない成分に関しましては、ほぼ効果がございません。

 

ビタミンC&プラセンタは「美白、くすみ対策、ニキビ対策など」には効果がとても期待できますが 例えば「シワやタルミ」などには あまり効果が期待できません。

 

このような場合には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、EGFなどが有効と思われますがそれらは、イオン導入できない成分なので、これまでですと自然塗布によるもの以外はあまり行われておりませんでした。

 

それで、最近の主流になりつつあるポレーションが登場ということになるわけですが、これは元々、外国の医療で開発された麻酔技術の応用したものと聞いております。注射針を使わずに 麻酔薬を皮下に投与する方法として開発されたそうです。

 

ポレーション=電気穿孔導入法と呼ばれておりまして、エレクトロポレーションとかプラズマ波とかメーカーによって色んな呼ばれ方をしていますが原理的には、ほぼ一緒だと思います。

 

お肌に一時的に短い強い特殊電気パルスを与えることで、お肌内部に一時的に透過通路を形成してくれます。特に毛穴や汗腺といった孔の内壁細胞よりお肌内部に深く、有効成分を浸透させることが出来る技術です。

 

この技術によって、イオン導入では出来ない成分を お肌内部に強制的に送り込むことが出来るようになった技術だとご理解ください。

 

こういった技術ですので、サロン様によってはノーニードル(注射針のない)コラーゲン注入法とか美容整形でコラーゲンやヒアルロン酸を注射してもらうような効果が得られると宣伝していらっしゃるようです。ちょっと大げさな感じはしますが、これまでの美容技術からいたしますと このような大きめの分子構造をもつ美容成分を浸透できるポレーションはやはり、技術的な大進歩ですから、使っていきたい技術の一つだと思います。

 

お肌内部に浸透する技術なわけですから、成分材料にも気を使ったほうがよろしいでしょう。本来ですとサクシニルアテロコラーゲンなどがBESTかと思いますが、とても高価ですので代用品といたしまして EGFエクストラエッセンスやCBSの原液タイプの製品などでも大丈夫だと想思います。

 

ポレーション用機械は、業務用機器もございますが、ご自宅サロン様には負担が大きい出費になるので 質の良いご家庭用ポレーション美容機器でも効果は期待できますので、ぜひ、ご検討・ご相談ください。

 

余談ですが、このポレーション技術を利用して脂肪溶解に有効な成分を浸透させる方法のことを

「メソセラピー」といいます。(ホスファチジルコリンなどを利用します) ポレーション技術の応用(メソポレーション)と言えます。

 

このように浸透させる成分によって、美肌や痩身に利用できるようになったポレーション製品、当社の会員様サイトでご案内しておりますので、お時間があるときにでもぜひ、ご覧になってみてくださいね。

(会員サイトはご登録いただいたサロン様のみ閲覧可能となっております。)

それでは、また!

 

 

エステの自宅開業(21)

こんばんは~。(^^) kunisiです。今日はリアルタイムなご挨拶にしてみました。

だいたい夜にこのブログは書いているのですが、皆様はいつ頃 ご覧いただくことが多いのでしょうか?

 

 

今日も前回の続きなのですが、店長様から ユニフォーム着てますよ~とか マスクしてますよ~。といったお声をいただき、やはり出来るだけお客様目線で見た時に エステティシャンは「お肌の先生」に見えるような格好がふさわしいのではないかと思うのでありました。

 

前回の続きと申しましたのは、自宅サロンにおいてのサロン環境についてのお話です。店長の身だしなみではなくて、サロンの身だしなみみたいなものでしょうか。

 

お客様がご来店されるのですから、ご自宅といえども 出来るだけ普段の生活じみたカラーは見せたくないものですね。前回も申し上げましたが、出来るだけ清潔感のあるように こまめに清掃や片付けは行いましょう。

 

お客様に気遣いをしたいものですが、順番で申し上げますと

(1)清潔感 (出来る範囲でキレイにしましょう。)

・・・・・・キレイに片付けて、ちょっとした飾り付けやディスプレーで華やかに見えるものです。

(2)温度(お客様にリラックスしていただけるように調整しましょう。)

・・・・・・・寒かったり、暑かったりするとリラックスできません。特に施術時は注意して。

(3)臭い (どうしても自宅なので、生活臭が気になるところ、消臭スプレーなどで対策を)

・・・・・・・タバコを吸うお客様がおられる場合には、換気や空気清浄機なども必要です。

サロンでアロマをやっている方は、この辺りは得意分野でしょう。微香性のアロマやフレグランスで良い香りをサロン中に漂わせているのも魅力的だと思います。

(4)照明 (ご来店時は、お部屋の通常照明で 施術時にはライトを落として間接照明だけで行うと落ち着きます。)

(5)音楽 (リラックスできるように歌詞のない音楽や せせらぎ、波音、小鳥のさえずりなどが定番です。)

・・・・・・・癒される音楽というものが売ってますので、探してみてください。

 

他にも気づくことがありましたら、改善して行きましょう。お客様は少しでも自分の気に入らないことがありましたら、来なくなってしまいます。エステ技術やメニュー、料金以外でも 評価の対象になることは案外多いということを肝に銘じておきましょう。

 

ベテラン店長さんは、問題ないかもしれませんが 案外 長くやっておりますと このあたりのことがアバウトになりがちだったりしますので、自己点検をお願い致します。

 

あっそうそう、割りとご存じない方が多いのですが、備品類の消毒方法ですが、より完璧な方法を望まれる方は下記の方法でお願い致します。

 

エステティシャンの手指の洗浄・消毒・・・手洗い後のエタノール消毒

タオルやリネンなど・・・・塩素系消毒(ハイター系)

ガラス管、ハサミ、ツイーザー、ブラシ、美容機器の導子など・・・紫外線消毒(紫外線消毒器)

 

ご質問などございましたら、お気軽に(有)ミッシェル商事までお願い致します。 

(☎0823-74-7010)

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エステの自宅開業(20)

こんにちは。(有)ミッシェル商事の國志です。自宅で開業して頑張っておられる店長さんと これから開業しようとしている方々に今日も何かのお役に立てればと思いまして、一生懸命に発信いたします。

 

今日は店長さんの衣装などに焦点をあててお話してみたいと思います。

 

衣装といいましても、皆さんの洋服の格好をとやかく言うつもりなど毛頭ございません。エステの施術&営業をする際の格好のことです。多くの店長さんはユニフォームを着ていらっしゃいます。大手エステサロンでも、ほぼユニフォームがありますし、施術後はユニフォームを着替えてお客様とお話(営業トーク)をさせていただいているサロン様もございます。

 

別に決まりはないのですが、お客様の立場から見た時にどのように見えるかが大切なのではないでしょうか?

 

ミッシェルでもユニフォームは取り扱っておりますが、最近は、ユニフォームもおしゃれになってまいりまして、看護婦さんの白衣をカラーにしたようなものから美容院で着ているようなエプロン式のユニフォームやアジアンテイストなユニフォーム等いっぱいありますので、見ていても ちょっと楽しい感じです。

 

しかし、一番大切なのは清潔感だと私は思っております。

お客様に「私は、とてもキレイに洗濯してあなたに気を使って接しております」という感じが見て取れるような格好でしたら、間違いないと思います。

 

あまりに普段着では、お客様に与える印象が お肌のことを相談できる先生には見えませんからやはり格好は大切だと思うのです。私が試しに白衣で仕事をしていたら 周りの人はドクターと思うかもしれません。(^_^;)

 

そういったことから信頼されることもあると思いますので、まずは格好から入って 自分自身が先生になれるように頑張ってまいりましょう。

 

清潔感のお話ついでに、もうちょっとだけお話させてください。結構見落としがちですが、マスクは使用されていますか?できれば、エステ施術の際には できるだけマスクを使用してください。これは、お客様に風邪などうつしてはいけないということもあるのですが、それよりもご自分が、なにか変な菌をもらわないための防御策です。エステシャンは不特定多数に会うので、もらう確率のほうが多いものです。自己防衛のためにもマスクはした方がいいと思います。

 

それから、当たり前なのですが 結構見落としがちで気が付きにくいことですがエステ前には、必ず 手を清潔に洗浄しましょう。丁寧に行うことです。できれば爪ブラシなども使用して徹底的に!人様のお顔に触れるのですからね。できたらお客様の目の前で洗うか、それが出来ない場合には デモンストレーションでもいいので大きな洗面器に水を張っていただき、洗浄の仕上げだけでも見えるようにアピールしてもいいでしょう。

 

エステ前にはアルコール洗浄剤などを使用するのが不可ですので、お客様が安心できるように、洗ったあとタオルで手を拭きながら登場するくらいのアピールをしていただきたいものです。

 

私の体験談ですが、当社のエステティシャンが担当したお客様が 数日後 ヘルペスに感染されて私にエステ施術のせいではないかということを言ってこられたことがございます。このようにお客様は、自分が何かに感染された際に 全く関係なくてもエステのせいにしてしまうかもしれないと強く感じました。風邪でもヘルペスでも、エステのせいではないよと見せる技術も必要だと感じましたのでこのようにお話させていただきました。

 

皆様のサロンでも、気がついたことがありましたら すぐに改善しておきましょう。何かが気に入らなくて お客様に来ていただけなくなるということを肝に命じておくべきだと思います。

 

私がお客様だとしたら 一番 気になる事は、口臭です。ですから、店長さんには 必ず 食後は歯磨きをすることと教えています。口臭は自分では一番気が付きにくいのですが、とても人を不快にします。口臭がする営業マンが来たら、私はろくに話もせずに帰っていただいています。今は口臭予防の商品もあるので、ちょっと この辺りのお話にも 皆様 耳を傾けていただきたいと思います。

 

エステの先生に見えるような服装や 目に見えないけど お客様に与える印象を大きく変えてしまうことは他にもあると思います。人は何気なく見ているものですからお互いに気をつけましょうね。

 

それでは、また!

 

 

 

 

エステの自宅開業(19)

こんにちは。(有)ミッシェル商事のKunishiです。

エステサロンの開業を夢見ている人と すでに開業されて頑張っている店長さんにむけて発信させて頂いております。今日もそんな方々のお役に立てるように私も頑張ってお話したいと思います。

 

先日までは、エステ技術的な話をここ数回お話させていただきましたので、本当はまだまだエステ技術編を続けようかと思いましたのですが飽きられますと悲しいので、ちょっと他のお話にいたしましょう。

 

「飽きる」ということは、エステサロンでも他のお仕事でも有りがちかもしれません。逆に言えば、お客様に飽きられるようなことは避けたいと思うわけです。

 

私達はみんな お客様のお肌をより美しくしたいと願っていますし、お肌のお悩みがあれば、解決してあげたいし ボディや脱毛なども含めて女性の美に関してのご相談には対応したいと願っております。ですので、色々な施術方法をマスターしたり、機器により能率・効果を高めたり いろんな材料を研究し比較したりしてお客様のご相談のタイプに近いものを提供できるように勉強もしたりしております。

 

しかし、お客様の期待していらっしゃる効果をあげるためには、それなりに日にち(回数)が必要ですし、やって差し上げることも偏ってくるのは致し方がないことと思います。その他に、キレイなお肌に改善して満足を得られておられるお客様でも継続的に施術を行ってまいりますと慢性化してきます。

 

そういった場合に、よくオプションメニューを作って、お客様に楽しんでいただけるように心掛けていただくと良いように思います。

 

よく店長様からご相談いただくのは、基本メニューやスペシャルメニューのように最初から最後までの流れを変えるものではなくて、ちょっとした材料や機器などを取り入れて金額のご負担をさほど上げることなく、楽しんでいただけるオプションメニューを取り入れたいということをご相談いただきます。

 

簡単なものからですと、機器を購入するとすぐに出来るものがいくつかございますね。

・吸引 (毛穴などの余分な皮脂を吸い取る機器で、脂肪溶解のメルティングローションなどと使用します。)

・エレクトロクレンジング&イオン導入(電気的なクリーニングとイオン化された美容液の強制導入)

・超音波(超音波振動による お肌のマイクロマッサージで、リンパ液の新陳代謝に好影響)

・ハイフルクエンシー(ガラス管の表面に起こる高周波により、お肌の活性、消毒に効果があります。)

この辺りまでは、割りと機器がお求めやすくなってきたのでご利用していらっしゃる店長様が多いと思います。

 

もう少し特殊といいますか、流行りのメニューで言いますと

・EMS(電気刺激による筋肉運動を強制的におこなう、ボディやフェイシャルで活用して リフトアップやシェーピングに活用)

・エレクトロポレーション(メソポレーションも含む プラズマ波による強制成分注入法 大きな分子構造の成分導入に有効)

・LED(色々なカラーのライトにより、その波長で免疫力や自然治癒力が高まると言われている)

・キャビテーション(特殊な振動波で体内の脂肪分解&排出)

・ラジオ波(体内深部に熱を発生させる機器、脂肪分解)

・脱毛

主だったものを書いてみましたが、この他にも ピーリングの機器や炭酸ガスを吹き付けるものや

エンダモロジーのように脂肪を揉みほぐしながら吸引するものなど いっぱいあります。

このように、機器を使うもので いくつものメニューが作れます。

 

上記のメニューを業務用機器で行いますと やはり高額なものが多いのですが個人サロンのように1日に施術できる数があまり多くないのであれば、最近の家庭用機器は、高能力ですので十分使用出来るものもございますのであきらめずにご相談いただければと思います。

 

機器だけで、オプションメニューを作るのではなくて材料だけでもオプションメニューは作ることが可能です。簡単なピーリングでしたら、酵素パック(クリーンオフパック)やAHAで、簡単なタイプ別パックでしたら(リフトパック、ホワイトパック、クールパックなど)色んな化粧水や美容液を合わせてオリジナル・ローションマスクをコットンマスクやハイゼガーゼで行うことも可能です。

 

他にもオプションは無数にございますので、ご自分のお好みやお客様のご要望に合わせてちょっと工夫して飽きられないように出来ると思います。

 

もっと、本格的に目立たせるのであればCBS社のように年に2回程度 季節メニューと称して完全に いつもと違うメニューを季節限定で行うのも良い方法だと思いますし、弾筋メニューのように特殊なメニューを作って 時々施術してあげるのも良いと思います。

 

ナボカルにも特殊メニューはたくさん存在しますが、長くなってしまいましたので、また、特殊メニューの説明はいつかさせていただきたいと思います。

 

お急ぎの方は、Kunishiまでお問い合わせくださいね。

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

ナボカル アルガトニフィーパック 業務用です。

こんにちは~。クニシです。今日はなんとカタカナでご挨拶です。

初めてご覧になった方は何言ってるのかよくわからないですよね。(-_-;)

他の記事も見ていただいたらわかると思いますので、よろしくお願い致します。

 

今日ご紹介の製品は、エステ施術用パック剤 「ナボカル アルガトニフィーパック」です。30gでアルミ個別包装の袋が15回分入っております。

 

ピールオフパック・タイプですので、ゲル状になりご使用後にペロンとはがせるパックです。

IMG_1520

 

 

このパック材の特長は、ナボカルお得意の海藻粉末を利用してミネラル豊富なのですが、そういった意味ですと、前回ご紹介いたしましたナボカル アルゲナマスクと同じように感じてしまいますので説明させていただきます。

 

一番違うのは、このパック剤は 主に鎮静用であり、お水で溶かして使用いたしますので冷たいパックなのです。

 

施術後に 敏感肌の方などはマッサージやスチーマーの刺激などに対して、もしくは施術材料に対してお肌が多少反応される方がいらっしゃるかもしれません。ナボカル材料でエステされているサロン様は よくご存知だとは思いますが、エステによるお肌トラブルは ほとんどないくらいですので あまりご心配はございませんが、それでも 反応が見られるような場合には、このアルガトニフィーパックが 施術後のほてりや赤みのある肌を鎮静いたします。

*ミッシェルでは、このような場合 まず先に細胞活性水を使用してから対処します。

 

もちろん、敏感肌の方だけでなく普通のお肌の方にご使用いただければ、鎮静効果+クールダウンでキメを整え、ハリ感がますので 全員に施術されても構いません。お肌の温度を 高いところから低いところに急激に持っていきますので温冷刺激が とてもお肌に良く 毛穴などの収縮などにも効果的です。

 

余談になりますが、同じような温冷刺激といいますと ペルチェ機能がついた美容機器もあるくらいです。ホット状態(40℃くらい)にヒートしたプローブヘッドを用いてクレンジングなど行って その後 急激に(5℃くらい)まで温度を急激に落とせる機器があります。

 

当社でも扱ってますので、ご興味がありましたらお問い合わせくださいね。

 

ちょっとお話がそれてしまいましたがこのように冷却できるパック剤を用いての毛穴収縮コースなども 人気メニューの一つです。皆様のサロンでもいかがでしょうか?

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

それではまた!

 

クレンジングは何がいいの?

こんにちは。kunishiです。今日は新しいカテゴリーを作ってみました。

 

美容の先生としてご活躍の店長さんの皆様とともにお勉強しながら、お客様によりエステサロンのことやお肌のこと、そして化粧品のことなどお話いただくため 知識を深めていただきながら、さらに美容のことが好きになっていただきたいと思います。

 

きっと知っていることも多いとは思うのですが、まだまだ知らないことも いっぱいありますので、ともに勉強いたしましょう。お勉強が深まりますと、お客様への説得力が変わってきますから。

 

今日はタイトルの通り、「クレンジングは何がいいの?」ということではありますが、そもそも クレンジングとは何ぞや!ということになってしまいます。

 

クレンジング=cleansing 和製英語(Wikipediaに書いてあります。)私は、クレンジングとかウォッシングとかいう分け方があまり好きではないので使わないのですが、お肌の洗浄(お掃除)という風に解釈しています。しかし、説明する上では、クレンジングとかウォッシングという風に説明しないとわかりにくいですから、今日はバンバン使ってまいりたいと思います。

 

 

お肌を清潔に保つには、どうしたらいいのか?=クレンジングは何がいいの?の答えになるのではないでしょうか。

 

クレンジングには、大きな役割があります。言わずと知れた 汚れを落とすことですね。汚れには色んなタイプの汚れがあることはご存知でしょうか?一般的には、ご自分のお肌から排出された汗、皮脂などが代表的な汚れです。汚れの首輪などで有名なタンパク質汚れということです。

 

その次に、それらに付着したものになりますが、これも色々ございます。空気中の汚れ(排気ガスや煙草の煙など 有害物質を含んだり、窒素酸化物、重金属類を含むもの)や空気中の雑菌類(ウイルスなど)と常在菌(常にお肌に住んでいるもの)があります。

 

女性の場合、ご就寝前のメイクも汚れと一緒の扱いになります。その他に、老化した角質などではがれにくいものも汚れといってよいでしょう。このように油性・水性入り混じった汚れが混在しております。このようなものが皮ふ表面や毛穴にびっしり詰まっているわけです。

 

そこで、クレンジングできれいに落としてしまいましょうということになるわけではございますがクレンジングって色んなタイプのものがありますよね。クレンジングクリーム、クレンジングジェル、クレンジングオイル、クレンジングミルクなどどのタイプが一番いいのでしょうか?

 

これが結構難しい選択になるわけです。なぜかといいますと、お客様のお肌のタイプが千差万別なので これが一番と言い切れないから難しいですね。

 

単純に洗浄能力のお話だけで言いますと、

クレンジングオイル>クレンジングクリーム>クレンジングミルク>クレンジングジェルの順だと思います。 *ただし、私の言うところのクレンジングオイルとはナチュラルオイルです。加工されたクレンジング用のオイルではありません。加工されたクレンジングオイルは水で流せるタイプとかありますが、水で流れるのはオイルではないからです。厳密にいいますと、水で流れるようにしてあるのは オイルと乳化剤(界面活性剤)の混ぜ物だからですね。

 

メイクなどの油性の汚れを落とすのであれば、ナチュラルオイルなどの100%オイルで優しく撫でるととても良く落ちるのはご存知でしょうか?よく落ちるのですが、オイルでメイクなどを落としますと、その後がちょっと大変です。オイルですので、今度はそのオイルをティッシュなどで拭き取ったりしても 油膜が落ちません。油膜を落とす作業としては、乳化されている洗顔料を使うことですが、たくさん乳化剤が入っているとお肌に負担をかけるでしょうし、少ないとオイル皮膜が残ります。フレッシュナーなどには乳化剤が入っていないので、オイルをさっぱり拭き取れますが、アルコールが入っていることが多いので、アルコール・アレルギーの方には向きません。

 

このように、きれいにするためとお肌に負担をかけずに落とすためのせめぎ合いが展開されるわけです。油膜はきちんと落としておかないと、その後のお手入れ すなわち 化粧水や美容液で行う保湿作業や成分の導入作業の妨げになってしまうからです。

 

クレンジングクリームとクレンジングミルクには、多分にオイル成分を含ませて洗浄能力を高めておりますが、乳化剤が含まれます。乳化剤が悪いとおっしゃる方も多いので、このような書き方になりますが 最近のクリームやミルクは、高性能のマシンを使って高速撹拌することで乳化剤などを減らす工夫がされていますし、質も向上しているのであまり問題が起こることもないと思うのですが、お肌が敏感な方には、やはり使用しないほうが良い成分かもしれません。

 

それよりも私が問題視しているものの一つは、「水で洗い流す」ということです。オーバークレンジングといいまして、メイク汚れをクレンジング剤で落として、更にお湯などで洗い流した後さらにウォッシングで洗顔する方式のものもございます。

 

これを毎日行いますと 敏感肌になりやすいと言われています。これは、20年位前から言われていたことではありますが お風呂用 ボディ用洗浄剤(シャンプー、トリートメント、ボディーソープなど)でも言われてきたことで 敏感肌、アトピー患者が増えている原因と言われています。

 

本当のところは、私も知りませんが敏感肌のかたは、このようなクレンジング&ウォッシングを両方洗い流すような方法は避けられたほうが無難かと思います。

 

クレンジングジェルは、オイルや乳化剤をあまり使っていないものが多いのでお水で流すことが出来ますが、その分 洗浄能力は低めです。クレンジングジェルを施術にお使いの方は、その前にポイントメイクなど他のクレンジング剤でおおまかに落とされてから、ご使用いただくのがよいでしょう。

拭き取りも水で流すほど洗わなくても、ティッシュ等で丁寧に拭き取って次の工程に進むといいと思います。

 

そういう理由もございまして、ミッシェルのゴールドシリーズでは クレンジングクリームで優しくメイクを落として、ティッシュなどで抑えるように拭きとって その後 フレッシュナーで油膜を落としてから、ウォッシングクリームで1回だけ洗顔するような方法を選択しています。(宣伝してみました。)

 

いかがでしたでしょうか?

 

皆様がエステで行っている洗浄方法やお客様がお家で行っているクレンジングの方法を見なおしてみると 案外 面白い結果が出るかもしれませんよ。メーカーさんによってクレンジング&ウォッシング(洗浄)の方法が異なりますので、ご質問などございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

エステの自宅開業(18)

こんにちは~。kunishiです。

今日もエステ経営者のため、そして開業のご準備中の方のために一生懸命にお話させていただきます。

 

前回までに、エステ技術の基本的な流れで解説してまいりましたが大きなポイントとして 洗浄(クリーニング)から賦活(マッサージによる活性化)までお話いたしました。

 

ここまでは お客様のお肌の違いによる施術方法の違いは、あまりありませんでしたが、次の段階の栄養導入(ODT)からは、大きく変わってまいります。

 

お客様のお肌状況によって 必要な施術が決まってくるからですね。

 

すべての方にODTは必要ではありますが、必要になる成分は全く異なってきますので、今回は(例)として通常肌~乾燥肌の方向けのアンチエイジング用の施術についてお話いたします。

 

そもそもアンチエイジングというのは、皆様がご期待&ご希望されるものだと思います。若かろうと年寄りであろうと 皆んな お肌の年齢は若くなりたいという願望があります。アンチエイジングとは(年齢に対抗すること)ですので、少しでもお肌を若々しくさせたいという意味です。

 

では、若々しいお肌(理想のお肌)とは、どんなものなのでしょうか?

美容業界では「うなはだけつ」といいまして、

「う」潤い…潤い すなわち 水分を保っていること。肌の中の水分量が適当であること。

「な」なめらかさ…肌の表面に凸凹がなく、ツルツルすべすべしている肌状態。

「は」ハリ…肌が引き締まっていること。たるんでいないお肌状態。

「だ」弾力…ベッドのスプリングのように、戻ろうとする状態が良いこと。

「け」血色…顔の色艶が良いこと。

「つ」つや…透明感があり、艶っぽい美しい肌。

このように 美肌のポイントの頭文字をつなげたもので、私も若い頃に習いました。

 

これらをエステ技術で実現するために、必要なこととして洗浄~賦活~導入の作業となってまいります。

 

導入材料は、とてもたくさんありますので 商材についてはここでは省きますが、基本的なことのみお話いたします。

導入方法といたしまして、導入効果が高いと思われる方法からですと

パラフィンパック>石膏マスク>導入用ピールオフマスク>塗布使用パック>シートマスク

このような順位かと思います。

パラフィン・・・

皮ふに行えるパック剤としては、もっとも高温で、しかも密着性が高く継続時間が長い。

温度が高いことで、水溶性でも油溶性成分でも 浸透度が高い。

石膏マスク・・・

パラフィンには敵わないが、密閉度と温度の継続性が高いし、比較的 施術が簡単。

こちらも水溶性&油溶性OK。

導入用ピールオフマスク・・・

ナボカル アルゲナマスクのように温度がかけられるパック材もあるが、

ほとんどの材料で温度がかけられない。密着度は高い。

マスク自体に成分が含まれたり、混ぜられたりできる。

終了したら はがせるので簡単。

塗布使用パック・・・

塗って放置した後、拭き取るタイプのパック剤。

塗るだけなので、とても簡単ではあるが、上記のものと比べ 温度がかけられないので

成分の浸透度でどうしても劣ってしまう。しかし安価なものが多いので

低価格で行えるメリットがある。

シートマスク・・・

美容成分配合のお顔型シートをのせるだけの簡単パック。

水溶性成分のみの浸透に向いている導入方法。

*ただし、イオン導入の場合には この方法が効果的。

(イオン導入については また今度 別途解説します。)

 

このように、美容成分を導入する方法もたくさんございますね。

美容機器を使用いたしますと、またまた大きく方法が変わりますが 今回は機器なしで解説中です。

 

パラフィン、石膏マスク、アルゲナマスクのように 温度がかけられるパック剤には

水溶性&油溶性成分を導入剤に使用いたしますと効果的です。

通常、油溶性の材料は 塗布だけですと浸透にとても時間がかかりますが、上記のような施術を行いますと

温度が高くなることで皮膚温が上がり発汗状態となり毛穴が開きます。

毛穴が開くことで、成分の浸透経路が広がりますので浸透度が高まります。

また、密着することで さらに美容成分を蒸発させることなく お肌側に継続的に浸透させることが

できますので、効果が期待できるわけですね。

 

効果に関しましては、下地に使用する美容成分(エッセンスやオイル、クリーム)で

全く違う施術メニューとなりますので、皆様のサロンでご要望の多いものからメニュー化していけば

いいのではないでしょうか。

・アンチエイジングメニュー

・ホワイトニングメニュー

・毛穴対策メニュー  などなど

 

今日のお話は、導入(ODT)でしたが、いかがでしたか?

他のサロンとは違うメニュー作りも可能ですね。

詳しいことは、長くなりますので 一例しかご紹介できませんでしたが

もしご興味がございましたら私に電話などでご相談くださいね。

 

 

それでは、また!

 

 

 

エステの自宅開業(17)

こんばんは~kunishiです。

今日は前置きなしで、すぐに本題に入りますね。

 

前回の続きなのですが、

前回のお話は技術編(1)ということにさせていただきまして、今日が技術編(2)です。

ナボカルのエステ技術は、すでに何度も繰り返し申し上げております通り 非常に高いご評価をいただいております。有名なホテルサロンでも採用されておりますようにとても有効で かつ 理論的 しかも気持ちがとても良いということがポイントです。

 

前回は洗浄までお伝えいたしましたが、今回はマッサージについてお話したいと思います。

 

洗浄を終えた肌は、とてもキレイにクリーニングされた状態ですので、この状態からマッサージを行うわけですが、前回言い忘れてしまった大切なことがありましたのでココで補足させてください。

 

ナボカルの材料の能力はとても高いわけですが、この材料を最大限効果発揮させるために ミストスチーマーを使用しなければなりません。これは、洗浄時から使用いたしますので、エステ時間に合わせて 結構長時間スチーマーを使用いたします。

 

エステサロン様の中には、マッサージ時間のみにスチーマーをご使用になられるサロン様もあるとは思いますが、ミッシェルでは洗浄時より終了間際までスチーマーを使用します。このため、ミッシェルでは60分継続時間のあるスチーマーを使用しています。

 

ミクロスチーマーの役目はいくつかございますが 皮ふ温度を上昇させることが出来ますので、血行を良くしてお肌の新陳代謝を促します。このことで、マッサージによるリンパドレナージュを大いに補助します。また、汚れの洗浄にも 加熱は役立ちます。ある程度 温度&湿度があったほうが汚れ落ちは少ない抵抗で落とせますので、お肌への負担が小さくなります。

 

また、保湿という面でも 加湿し続けるわけですから、マッサージの抵抗などの減少で やはりお肌負担が少ない施術が可能となるわけです。

 

このような理由より、通常のエステよりもミッシェル流はスチーム使用時間が長いです。

 

その代わり、加熱時間が長くなりますと トラブル肌や敏感肌の方には 炎症のリスクが高まってはいけませんのでお顔とスチーマーの距離が必要で、徐々に加熱していくようにしなければなりません。

 

*あまりスチームが近すぎないことが重要です。この時間と距離のバランスを守ってください。

 

それでは、マッサージに入ります。ナボカルのマッサージローションには、2種類ございます。マッサージローションSタイプとノーマルタイプです。どちらもナボカルお得意の海藻成分のローションですので、無油性です。

 

ミッシェルでは、フェイシャルのマッサージには無油性を推奨しております。

 

マッサージ・オイルでフェイシャル・マッサージをしてはいけないわけではありませんが、栄養導入(ODT)の理由から、マッサージ後のことを考えて無油性のほうがリスクが少ないのでそのようにしています。

 

マッサージローションSタイプのほうが、新しい製品ですので 滑りの点で優れています。

 

どうしても無油性のものは、滑りの感触があまりよくないというのが欠点ですがSタイプはかなり滑りが良いです。ノーマルタイプのほうは、お湯を利用して 手をお湯につけながらマッサージローションを塗布しては、また乾きそうになったら補充という感じでマッサージを行います。これは、Sタイプでも一緒なのですが、滑りが違いますので補給回数が異なると思います。

 

時間といたしましては このマッサージを手技だけで20分~30分行いますのでミッシェルのエステの大きな魅力の一つとなっています。お客様のご感想の中に「ミッシェルのエステは他のエステと違ってマッサージがとても気持ちよくて丁寧」といったご意見をとても多く頂きます。ファンになっていただけたお客様は、この手技のマッサージを楽しみに来られている方も多いと思います。

もちろんリラクゼーションの効果もございますが、キレイになっていただくためのリンパドレナージュですので、お顔のリンパ液の循環を良くすることと筋肉組織への刺激で、緊張と緩和により タルミなどを防ぐためのリフトアップ効果を期待してマッサージをおこなっています。

 

ミッシェルにご加盟いただきますと、このような手技を撮影いたしましたDVDやマニュアルをレンタルいたしますので、ご自宅でマスターしたいとおっしゃる方にもご協力させていただきます。

 

マッサージが終わりましたら、いよいよ栄養導入です。

 

補足ですが洗浄の時もそうでしたし、今回のマッサージのときもそうでしたがエステの技術の重要なことの中に、材料の拭取りがございます。この技術編では、ふき取りにつきましては あまり触れてませんがかなり重要度の高い項目です。

また、機会がございましたらお話させていただきたいと思いますが、とりあえずは、次回 栄養導入についてお話させていただきます。

 

それでは、また!