エステサロンの開業とは

face01

■エステサロンの開業について詳しくご説明いたします。 

   近年、エステサロンの動向は市場規模3500億円程度で安定しているといわれています。
 大型のチェーン店と個人エステサロン店の2分化が進み、人気サロンも多数ありますし

 エステサロンを開業する人も多くいますがその多くの方は独自の方法での開業が目立ち、
 10年以内にそのほとんどが廃業されるといわれています。

 

勉強不足の状態でエステサロンを開業しないために このサイトではエステサロン開業について、より詳細な情報をご提供したいと思います。  

 

 【目次】

(1)エステサロン開業前にすべきこと

    1-1.エステサロンの種類について

            1-2.エステサロン開業の手続き            

            1-3.エステ技術の習得 (習得方法と難易度)

            1-4.資格について(資格、業界団体)


(2)エステサロンを開業する準備

      2-1.エステメニュー作り

              2-2.ホームページなどのメディア作成

              2-3.エステサロンの開業予算

 

(3)エステサロン開業本番

      3-1.プレオープン

      3-2.正規オープン
                                                          

 

(4)エステサロン経営継続の重要事項

              4-1.経営感覚を磨く

      4-2.飽くなきチャレンジャー精神

 

 

 

(1)エステサロン開業前にすべきこと

  1-1.エステサロンの種類を学ぶ

     まずは、エステサロンについて学びましょう。  

 

     形態:店舗サロン、自宅サロン、訪問エステ、理美容エステ、セルフエステなど

     業務内容:美顔、ボディ、ヘッド、ネイル、脱毛、エクステ、まつ毛カールなど  

 

     エステサロンは、人の皮膚を清潔にし、もしくは美化し体形(プロポーション)を

     整えたり体重を減らしたりするために施術をするところ  

     エステティシャンの手技、化粧品材料、機器などを用いて施術するサービスのこと

 

     開業形態や業務内容も多岐にわたっているので、

     まず、自分がどのようなエステサロンを開業するか

     決定することがエステサロン開業のスタートである。  

         関連記事リンク 「エステサロンの種類で勝負」

 

  1-2.エステサロン開業の手続きについて

     エステサロン開業を決めたら、実際に開業(営業開始するまでに)

     開業場所のある地域の税務署に開業届を出す必要がある。開業届には費用は掛からない。 

     業務内容によっては保健所の許可が必要なサービスもある。

              関連項目で、申告については税理士やお近くの商工会議所で

     相談に乗ってくれる。

 

   1-3.エステ技術の習得  

     エステサロンの中心的な技術習得を始める。

     技術習得方法は、難易度が高い順番に

 

       ・エステ学校(スクール)へ入学

          学費や期間がかかるのでハードルは高め

       ・短期エステ技術習得コース

       ・大手エステサロンへの就職による技術習得

          会社で教育してもらえる

       ・個人エステサロンへの就職

          経験者から学べる

       ・通信によるエステ技術習得

          価格は安いが自学自習が基本で身につきにくい

       ・メーカーの勉強会参加

 

     当然上位ほど確実な技術が身につくがハードルは高くなり、

     下位ほどハードルが低い分個人の努力が必要となる。

         関連記事リンク「技術の習得・練習」

 

       1-4.資格について

     エステサロン開業の資格は国家資格などはないが

     上記の方法などにより十分な知識や技術を習得するための教育を受けるべきである。

     エステ・ネイル協会などにより試験を実施しているので

     各団体の試験を受けてディプロマを受け取ることで

     一定レベルのエステティシャンとして認めてもらうことができる。

     継続的な知識などを得るために各団体に所属するサロンも多い。

 

     例外としてまつ毛カールやまつ毛エクステは美容師の有資格者でないと

     実施できなくなっている様子。

 

     その他にボディ施術でシャワーなどを使用する場合は、公衆衛生法に関連して

     保健所に届けたり、管理者資格等が必要な場合があります。

     

          【エステサロン業界の主な関連組織】

       ・日本エステティック協会

     ・日本エステティック業協会

     ・日本エステティック経営者会

     ・日本エステティック振興協議会

     ・日本エステティック機構

     ・日本スキン・エステティック協会

     ・総合セラピー協会

    ・日本ネイリスト協会

         その他にもたくさんの協会がございます。

 

 

 

(2)エステサロンを開業する準備

   2-1.エステメニュー作り

      エステサロンのメニュー作りはお客様へ最大のアピールできる部分であり

      そのエステサロンの個性なのでとても重要な項目。

      1-1で示した業務内容に応じてメニューをつくるわけであるが

      その種類は膨大にあるので逆に自分がこのメニューをやりたいから

      エステサロンを始めるといえるくらいのこだわりを持つべき事項。

 

   2-2.ホームページなどのメディア作成

      現在のエステサロンの集客方法の重要な部分は

      ネットが主体といって過言ではないといえる。

      以前はTV、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアが広告媒体であったが

      今はツイッター、facebook、LINEに代表させるようなSNSなど

      ネット(主にスマホ)での広告・集客が中心になっている。

      事前に集客のノウハウを磨いているほうがより開業の準備としては

      理想的だと思われる。もちろん開業後にしかできないこともあるが

      ホームページ作成やfacebook、LINEの登録などは済ませておいて

      使用になれていたほうが良い。

 

      SNSなどでの集客以外でかなり有効なのは口コミです。

      友人・知人にエステサロンオープンの告知を手伝っていただくための

      ツールを作っておくこともかなり有効だと思います。

            ツールについては「エステの自宅開業(14

 

         2-3.エステサロンの開業予算

      自宅で開業するか、賃貸店舗で開業するかによって

      まったく開業予算の考え方は変わる。

      初心者が開業するのに最初から賃貸店舗というのは

      とてもリスクが高い。

      まずは、自宅で開業するほうが無難と思う。

      リンク「エステサロン開業の予算」

 

(3)エステサロン開業本番

    3-1.プレオープン

      開業準備が一通りできたら、プレオープンします。

      プレオープンは、本番と同様にお客様を迎え入れる訳ですが

      不安要素が解消されていないので

      知人・友人など周辺部分のお客様から

      お招きして不安要素を確認・解消するのが目的です。

 

    3-2.正規オープン

      いよいよ正規オープンです。

      エステサロン開業本番です。

      サロン環境のチェックも済み、接客の流れ、施術内容など

      万全な体制が整いました。

      あとはこれまで行ってきた集客作業を拡大させていくのが

      最大のお仕事になります。

           関連記事「服装やマナーについて」

           関連記事「ユニフォームについて」

           関連記事「開業時の営業」

 

(4)エステサロン経営継続の重要事項

    4-1.経営感覚を磨く

       エステサロン開業後に一番重要なことは

       経営感覚を磨くことです

       「利益の追求」は大切ではありますが、その前に

       ご自分のサロンを運営していくためにいくら必要なのか

       計算ができているかが大切です。

 

       一般的には、損益分岐点を知ること。

       必要経費がいくらかかり、ご自分の給料などを含めた金額を

       知らなければ経営にはなりません。

       とても大雑把ではありますが

        総売上-仕入れー固定経費=利益

       *個人事業者はこの利益が給料になるわけです。

          関連記事「開業資金と収支モデル」

 

    4-2.飽くなきチャレンジャー精神

       どの商売でも一緒かもしれません。

       エステサロン店長が常にお客様に飽きさせない工夫

       そして自分自身が仕事に飽きない工夫

       夢を追い求めて輝く未来を!

       輝いている店長にお客様は惹かれます。

           関連記事「モチベーションについて」

 

 

 

「自宅でエステサロンを開業しようと思っている方」へ

     もっともっとたくさんの情報を必要とされている方は

    当社までお問い合わせください。

 

    エステサロンの開業を夢や失敗で終わらせないためには

    たくさんの情報が必要です。

 

    さらに詳しい情報が必要でしたらページ一番上の

    「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

 

 

 

エステサロン開業にむけての練習

こんにちは。ミッシェルのブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

前回からの続き的なブログですから、

エステ開業前の予行演習については、こちらをご覧ください。

「エステ開業のお試しとは?」

 

さて、今日の本題です。

ある程度お試しという予行演習を行っていただきまして、嗅覚を鋭くエステサロンの経営者的な感覚を研ぎ澄ましていただきたいと前回ご提案いたしました。

 

その後の展開といたしましては、

本格的にエステサロンを開業するための練習ということになります。

 

まずは、技術練習をしっかり積まなければなりません。

*場合によってはエステサロン働いていた方などは技術的なことはおおむね大丈夫という場合もあります。ここでは、まったくの素人さんから技術をレベルアップしていく方法を紹介していきます。

esthe1

■技術習得

(1)ミッシェルにご加盟いただける場合には、マニュアル&DVDでしっかりと基礎を学んでいただきます。

(2)メーカーへの研修会に参加いただくことも可能です。

(3)ミッシェルのサロンにて体験や訓練を受けることができます。(有償)

(4)メーカーでマンツーマンでの実技講習を受けることができます。(有償)

上記の方法で、かなりのレベルまで早急に引き上げることができると思います。

 

その他のやり方

〇最近は動画サイトがございます。Youtubeなどでもエステ施術の動画は、たくさんアップされていますので勉強になると思います。

〇通信教育のような技術マスターをする方法もあります。

*時間はかかりますがこのような方法でご自分なりにマスターしていくこともできると思います。

 

私が提案している方法は、極力資金をかけないで技術習得していただく方法だと思っています。

なぜかといいますと、練習の時までにお金がいっぱいかかってしまいますとこの後本当に開業してから宣伝や集客に貴重な資金をかけたいのにかけられなくなってしまう危険があるからです。

 

しっかりとした基礎訓練がとても重要です。

 

ミッシェルのサロンに初めて来てくださったお客様からよく言っていただけるのが

「今まで行ったサロンの中で一番良かった」

「すばらしい技術だった」

「ぜひ、通いたい」

 

あなたもこのように言っていただけるエステサロンの先生を目指しましょう!

 

 

 

 

フェイシャルエステ開業時に大切なこと

こんにちは~。

当社のホームページをご覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

 

今日のお話ですが、

フェイシャルエステの開業時にどんなことが大切か?

といったお話です。

 

■開業時前後に必ず経験すること

これからエステサロンをオープンしようと準備をしていると

いろいろな悩みにぶつかります。

もし、ぶつかっていなければ

必ずオープンしてからぶつかります。

 

それは、お客様に来ていただくために

どのようにすれば、自分のエステサロンに来ていただけるのかを

ご自分自身の中にちゃんと整理できているか?どうかです。

 

簡単にいいますと集客方法と言えばそれまでですが、

もうちょっと複雑です。

集客方法というのは例えば、どんなツールを使って集客するとか

どんな宣伝媒体を利用すればいいかなどを検討して

一番有効な手立てを打っていくことだと思うのですが

今回お話しているのは

方法以前にご自分がお客様をお誘いするときに

どのように宣伝できているかといった問題です。

 

例えば、

「今度、おうちでエステサロンを始めることになりました。

ぜひ、来てくださいね。」・・・普通すぎ

「エステサロンをオープンします。他ではやっていないような技術だから

ぜひ、試しに来てみて。」・・・ちょっとだけ興味が湧くかも

「お肌のことで何かお悩みはありますか?あったら教えて。

これからエステサロンをオープンするから気軽に相談して」

・・・なんか行ったら売りつけられそう

「今、エステサロンをしようと思って猛練習中なの。

できたらモデルになってくれないかな?いろんなタイプのお肌で練習したいの。」

・・・無料だったら行ったげてもいいよ

「今までとは違うタイプのエステサロンをしたいの。

うちのウリは○○〇〇なんです。」

・・・ニーズにフィットすれば興味大

「エステサロン始めたの。友達から順番に来てもらいたいの。

いろんな意見を聞かせてほしいから。優待価格でお待ちしてるわ。」

・・・金額によっては行ってもいいわよ。

 

といった感じでしょうか?

ホームページやFacebookやLINEで宣伝するにしてもそうですが、

自分の言葉や行動で他人の心を動かさないといけないということを

これまでの人生において普通の人は訓練してきていないわけですから

自分の言いたいこと、伝えたいことを

他人にうまく伝えたいというのは結構なハードルです。

 

営業職出身者でしたら、この辺りはうまくこなしていかれることでしょうね。

でも、エステサロンを開業する方が全員、接客業やサロン出身者ではありません。

 

それで第一の壁にぶつかります。

それはそうですよ。訓練したことがないのですから。

 

ここからが、今日の一番いいところです。

壁にぶつかってからがエステサロン・オープンの本番です。

 

ぶつかっても関係ないよって感じで

ご自分のやりたいようにイケイケどんどんで突破される行動派の方は

失敗も多いかもしれませんが、経験値も上がっていきますので

割と早い段階でご自分のパターンを見つけることが多いです。

 

上の例のようなトークで何度かうまくいかなかったら

言い出せなくなる消極派の方も結構いらっしゃいます。

うまくいかなければ、言い方やトークを変えてみればいいのですが

こういった性格の方は割と同じパターンで何度も失敗します。

そして、言い出せなくなった・・・挫折。

 

ちょっと両極端なタイプのお話にしてみましたけど

スタート時にうまくいっていない店長さんがいらっしゃいましたら

感じることがあるのではないですか?

 

多くの経験者の方が語っておられますが、

「失敗は成功のもと」

たくさん失敗した人だけがうまくいく方法にこぎつける。

 

でも、これって精神的にへこみまくりますよね。

出来るだけ失敗しない方法を教えてほしいじゃないですか?

そのために当社のような会社が応援しているわけです。(^^)/

(ベタな宣伝ですみません)

 

お話を戻します。

新人店長のときには、成功するための行動パターンを獲得するために

とにかく多くの行動を試みることです。

もちろん、こうやってみたらどうかといった提案やアドバイスは

いたします。逆に本人もやってみたいことをこちらに投げてみてください。

 

お互いに擦り合わせることで

ご自分に合った行動や方法を見つけることができたりします。

先輩店長のまねだけでうまくいくこともありますが

ご本人の性格や指向も大きく関係してまいりますから

通常は成功者の真似だけではうまくいきません。

 

ご自分の方法を見つけるべきです。

当社とのディスカッションの中で磨かれていきます。

これこそが訓練です。

 

今日の最後にお伝えしたいこと

新人のうちは「行動した数で勝負せよ」

今日、お客様に来ていただくために何を行動したか

カウントしてみてください。

 

結果を焦るのではなく、行動した数で

その日の満足度を高めていっていただきたいのです。

 

結果ばかり追いますと、逆にうまくいかなかったことばかりが

目立ってしまい、モチベーションが下がり言葉が出なくなり

行動までもしたくなくなります。フリーズ状態

 

フリーズしないためにも

ご自分の心のコントロールが重要です。

モチベーションが下がらないようにするのが大切なのです。

サロン経営者は、ご自分のマインドをご自分でアップさせないと

継続ができないのです。

 

今日は集客チラシを何枚つくったとか

今日はそのチラシを何人に配ったとか

今日は何人に電話してみて伝えてみたとか

今日はLINEの宣伝文句を何個考えたとか

なんでもいいので、自分がお客様を呼ぶための行動を

何個できたかカウントしてみてください。

このように行動を増やしていくと

必然的にご自分の満足度が上がりますし

結果もおのずとついてくるようになります。

 

エステサロン・オープン時前後に

このような行動が取れていなければ最初は良くっても

いつか壁がやってきます。

最初っから壁に対抗すべく、ご自分の接客力や営業力をアップさせるための

訓練をしていきましょう。

 

これが成功への近道です。

 

今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご相談はミッシェル商事まで。 ☎0823-74-7010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイシャルエステの材料

こんにちは~~~。

今年も残すところ僅かとなりました。

当社とお取引いただいております店長様、

今年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 

今年から仲間になってサロンを立ち上げている皆様、

まだまだ軌道に乗れていない方もいらっしゃると思いますが、

来年を素晴らしい年にいたしましょうね。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年最後のブログになると思いますが、

基本中の基本、フェイシャルエステの材料について

お伝えしたいと思います。

 

当社の会員サロン様に一番推薦しております材料は

『ナボカル』化粧品。

おそらく日本では最古参の会社ではないかと思います。

歴史が古く、有名どころのエステサロン

(例えば、関東の超有名ホテル内の高級サロン)などで使用されており

その材料の機能性、安全性などで一歩進んでいる商品だと

思います。

 

基本的な考え方は

『タラソテラピー』です。

 

タラソテラピーとは海洋性美容法のことです。

私たち動物は、進化の過程で海から陸地に上がってきた生き物です。

そのため、生きるためのすべての材料が海にあるという考え方です。

 

海からの贈り物(海水や海藻などに含まれる海洋性ミネラル)からの

エキスをふんだんに使用したナボカルの材料で

フェイシャルエステを行うことで

不足しがちな栄養素やミネラル分、ビタミンなどを

お肌に充分補給してあげようという考え方です。

 

人間の血液や体液の構成は

海水に似ているというお話を聞いたことがあります。

きっと、海に長いこと居た生物ですから起源はきっと海にあるのでしょうし、

長い進化までの期間、海で暮らしていたのですから

体内部の構成が、海にあるものと同じでも全く不思議ではないですね。

 

IMG_08871

ナボカルの材料の一例ですが、

ナボカル マッサージローション

ナボカル ミルキーフォーム

ナボカル フェイシャルマスク

ナボカル アルガパックF

ナボカル アルゲナマスク

これらの材料を私たちのサロンではよく使用いたします。

 

当社にご加盟いただきますと

これらの製品の使い方や施術方法を学んでいただきますが、

東京にあるナボカルにお勉強に行っていただくことも出来ますので

当社までご相談ください。

 

徹底的にナボカルを勉強して

ナボカルでディプロマをもらうまで頑張る店長さんもいらっしゃいます。

 

ミッシェルでの技術勉強は

こちらに来ていただければ、受けることも可能です。

 

お勉強に来れない方には

通信教育も行えますからお気軽にご相談ください。

☎0823-74-7010

 

今日は以上です。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

 

アクアパラソル ニールモードのお知らせです。

 

aqua parasol1

 

ただいま人気爆発中でメーカーさんも納品が遅れているというくらい問屋泣かせな商材ですが 25日くらいに入荷予定です。まだ、たくさんは入荷しないので 気になる方はぜひ、ご予約くださいね!

 

商品は昨年とても良く売れたのでご存知のかたも多いとは思うのですが、早速リニューアルしているみたいです。 大きな変更点は、紫外線カットは当たり前として近赤外線カットパウダーも配合されてお肌をガード。 『ニールモード』とは近赤外線に対応した独自の新処方とのこと。

 

今まで太陽光から受ける肌ダメージは紫外線が大きく影響していると考えられてきましたが、『近赤外線』も肌ダメージの原因になることが明らかになってきたそうです。近赤外線は太陽から地上に到達するエネルギーの約40%を占め、紫外線よりも高い割合で真皮深層部に到達するのだそうです。

 

う~ん、知らなかったですね。これは、紫外線同様にカットしておかないといけませんね。

近赤外線をカットできる日焼け止めは、まだ あまり多くないと思いますので、化粧下地とは別にご用意していただき、体中にスプレーいたしましょうね!

 

香りが人気でしたが、微香性なのでお子様にも心配ありません 。スプレータイプの日焼け止めは定番化してきていますので、今年のこれからの持ち歩きに1本いかがでしょうか?

定価 1本 1,800円(税別) 1箱6本入り

販売したいと思われましたら、ミッシェル商事までお問い合わせくださいね。

☎0823-74-7010

aqua parasol2

 

ミッシェルがサロン開業の支援をはじめた訳。

こんにちは~。MICHELのkunishiです。
お取引いただいております店長様には、いつも大変お世話になっております。

 

今日は、また、思い出話のような感じになってしまいますが ちょっと古いお話です。

 

MICHELはエステサロンを自宅などで開業しようとご検討の方を支援してまいりましたのは、本格的には2000年以降だと思います。それまでは、組織販売のような業態(ポーラさんやオッペンさんみたいな)でした。

 

インターネットが発展して広く全国に普及してきたのもその頃からかと思います。そのお陰もございまして、当社のホームページも私の手作りながら、結構多くの方にご覧頂いて お問い合わせもたくさん頂いてまいりました。

 

当社の以前のホームページをご覧頂いたことがございますか?

 

一番最初のものとは、ちょっとづつリニューアルしたので違っておりますが、今も姉妹サイトとして残っておりますので よろしければ お暇な時にでもご覧いただければと思います。

hp1

 

今のこのホームページは どちらかといいますとブログ中心のページですので、現在の時点で皆様にできる限りお役に立ちそうなタイムリーな情報を提供しようと書き込んでおりますが、以前のページは 固定ページが多いのであまり動きはありません。

その中のページの一つに MICHEL(私)が、今のように エステサロンの開業を応援するようになった経緯のページがございます。一旦は宣伝の事情により このページは削除していたのですが、お取引いただき始めた店長様から よく理解できるとか人間的なヒトトナリが見え隠れして面白いとか言って頂いておりましたので 復活させてみました。

 

よろしければ、お時間があるときにでもご覧いただければと思います。

 

決して 苦労話を皆さんにしたくて書いているわけではなくて、これから開業しようと思っておられる方々に よく考えてから開業することをお勧めするためのページです。まだまだ加盟を求め続ける会社の中にもへんてこな会社はいっぱいございます。

 

実際に 私の近所に出来たサロンの話ですが、ある会社に加盟してサロンをとても良い立地条件のところに出店されたのですが、1年も立たないうちに閉店されました。。。噂では自己破産して どこかに行ったという噂です。

 

私自身もサロンをオープンした時にそのようになりかけたので、これから開業される方へのご注意として お付き合いいただく会社選びは重要だということを知っていただきたくて、この記事を復活させました。

 

 

決してエステサロンのオープンが危ないといっているのではありません。ちゃんと考えて経験のある会社のアドバイスを聞けばあまり怖がる必要もないし、逆に ご自分の夢を叶える 人生の一大チャンスだとも言えます。

 

そのためには、エステティックサロンのコンサルティング会社やメーカーでは心許ないと思っています。スクールやこれ1台あれば大丈夫みたいな開業支援の会社も危なかしいですね。
先程も書きましたが、たくさんの経験を積んできたことでわかることもたくさんあるからです。実際にサロンをやってみますと個人経営レベルのエステサロンとチェーン店のサロン経営は全く内容が違うものですから 成功しているホームページの宣伝に惑わされないでください。MICHELは個人経営サロン専門でやってきましたので、そのような状況の方は とりあえず ご相談ください。

 

前置きが長くなってしまいましたが、復活させたページのご案内です。

hp2

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

 

 

 

 

エステの自宅開業(23)

こんにちは~。MICHELです。

 

今日も自宅でエステを開業していらっしゃる店長様や今からエステ開業を考えている一般人の皆様にお送りしたいと思います。

 

エステの開業を長い間支援させていただいてるのですが、開業をしようとお考えの方には2種類の方がいらっしゃるように思います。一つ目は 美容のことが大好きで美容関係のお仕事がしたくてエステを開業したいとお考えのタイプ。もう一つは、自宅で仕事がしたい、独立して自分で仕事がしたいと思って何かできることがないだろうかと思ってエステにたどり着いたタイプのかた。

 

どちらのタイプの方が成功しやすいのでしょうか?

 

実は、私にはわかりません。<(_ _)>
データを取っているわけではないので、迂闊なことは言えませんね。

 

主観的に申し上げますと、 気持ちとしては エステや美容のことが好きで開業を目指すほうが 何かとうまくいきそうな感じはするのですが、 といいますか、好きであって欲しいですし、好きこそものの上手なれというではないですか。

 

好きなことのほうが熱中できるでしょうし、研究熱心なのではと思うのです。 そのほうが、お客さまに対して真剣・真摯に対応できるように思ったりします。

 

しかしながら、独立心が強く なんでもいいので独立・自立したいという気持ちをお持ちの方もいらっしゃいますが、それはそれでとても重要といいますか、大切なことだと感じております。

 

むしろ、このような方のほうが仕事として経営者としての意識が強い分、成功確率も上がっているということもあります。好きなだけの仕事ではなくて、きちんと仕事としてのエステ開業の見方をしているからではないでしょうか?

 

両方ともエステ開業に必要な要素と感じています。

 

結局、入り口はどちらでも構わないけど エステ開業をして成功を望むのであれば、美容が好きでエステが好きで開業した方は、そちら方面の美容の勉強だけではなくて、接客や営業そして経営の勉強もしていくことが望まれます。好きなだけで趣味的なエステサロンもありですが、成功するためには美容のことだけでは壁に当たってしまいます。

 

反対に独立心でエステ開業をされた方は、美容やエステのことに深く探究心も持っていただき、お客様のニーズを感じていただきながらの接客を望みます。お金儲けとしてのビジネスとだけお考えで始めますと いつかは痛い目にあったりします。

 

いつも頭の中で考えていなければならないことではありませんが、お客様の前でのエステティシャン技術者としての自分と集客や企画などをするときの経営者的な感覚の自分の二人がうまいバランスをとりながら、エステサロンを経営していただけると きっとお客様に愛されて長く続けることのできるエステサロンが実現できると思います。

 

どなた様も エステサロンの開業をお考えでしたら MICHELまで ぜひご相談ください。
*がっつり宣伝になってしまいました。<(_ _)>

有限会社ミッシェル商事 お電話 0823-74-7010

ミッシェルお取り扱い商品のお知らせ。

当社のお取り扱い商品をお知らせしたいと思います。

当社のもう一つのホームページや会員サイトでは 色んな化粧品やエステの材料を掲載させて頂いておりますが、このホームページには お取り扱い商品をご紹介したページがございませんので、ちょっとこちらにてご紹介させてくださいね。

 

 

【店頭販売用化粧品やエステ業務用化粧品】

・ミッシェル

・CBS(ラボプラス、クリアビールクスブラン、薬用エステラボ、ビナジー、業務用エステラボ)

・ナボカル(ナボカル、アクネケア、フィジセル、サンミュレ、フィジボウ、業務用ナボカル、                     ヘッドスパ、スリッション)

・ピーチポウ(ピーチポウ、ピコショット、プラチナセレブ、プロフォース)

・ラシンシア(ラシンシア、リポデルム、レッドデュア、グリーンデュア、マジェンヌ)

・アッシュエル(ベーシック、AP、AC、PMS、DT エステツインメイク)

・フェース(ベクティーナ、ラメラモード、ラメラベール、アクノピュア、アトシステム、ノナティブ)

・ビセプター(ビセプター、ステファラ、メロス)

・ラメンテ(ラメンテ、プロユース)

・ポリシー

・MTメタトロン

・クレシェソワ

・アメニティ(セルケア、セルールボーテ)

・マッコイ(ノンFエナジーなど)

・フェレナ(モンテプラス)

・ラファンテ・セポラージュ

・プルデュモア

・アンテナ(バイオザイム、リベイブ)

・アイズ(リポゾーンなどメイク製品) など

 

【エステ機器周辺】

スチーマー、ベッド、ホットキャビン、ワゴン、サロン用美容機器類、各種家庭用美容機器

・タカラベルモント ・アグレックス ・滝川 ・トライベスト

 

【補正下着】

・エル・ローズ ・アッシュル ・ネッフル ・ナウ

【美容食品】

・BE-MAX ・みどりむし(バイオザイム、スパークリングプラチナパウダー) など

 

おおまかにご紹介いたしましたが、売れ筋の商品は上記のものです。

他にも色々とご紹介したいのですが、そちらは新製品や注目商品として単品でもご紹介していきますので、そちらもご覧ください。

 

エステサロンを開業するための商材は、ほとんど手に入りますから とりあえずご相談いただけると嬉しいです。

また、サロン経営していらっしゃる先生方で、上記に取り扱ってみたい製品がございましたら、ぜひ、ご相談ください。

お電話 0823-74-7010

 

どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

宣伝してみます。

こんにちは。ミッシェルとお取引いただいております皆様には いつも大変お世話になっております。m(__)m 感謝!

 

最近ですが、当社でもエステ開業支援&卸業の傍ら、社内を少々片付けまして 一般のお客様に来ていただこうという試みを企てましてサービスをようやく開始できる運びとなりました。

 

「エッ 國志さんがエステするの?」ってお思いの店長様、ご心配なく。

それも考えましたが、妄想してみますに ちょっと気色悪かったので別の展開にしてみました。

 

エステ事業にも とても関わりが深い頭髪部門で頑張ってみたいと思います。いわゆる育毛事業ですね。最近、女性の髪の毛(育毛)やヘッドスパについてお問い合わせが増えつつあります。

 

メーカーさんのお話でも 女性用育毛剤や頭髪用品(シャンプー&コンディショナーなど) また ヘアウィッグなど盛り上がってきていますので、きっと需要があるのでしょう。

 

私自身も薄毛で なんとかしたかったというのが本音なのですが、どうせなら 事業展開してやったら、自分も使えるじゃん!というような軽い気持ちでのスタートでございます。(男性中心のサロンを目指します。)

 

といったわけで、どうなるやらのスタートですが、とりあえず、宣伝しないと お客様がゼロなわけですから 誰も知らないので来てはくれません。当たり前ですね。(T_T)

 

 

今月号の「くれえばん」に新店舗紹介のページで掲載していただくことになりました。

*くれえばんというのは呉市の出版会社さんが出しているタウン情報月刊誌で1部400円です。

コンビニや書店に置いてあって 結構アチラコチラで見かけます。それから、毎月1名 読者プレゼントで無料体験できるようにしてもらいました。まだ、発売されていないので、出たらまた記事にしますね。

 

 

ホームページも製作中(といいますか、出来ているのですが)SEOが出来ていないので、まだ、あまり見てもらえていないと思います。これから頑張って露出を増やしたいです。

 

というような感じで、まるで これまでエステ開業者の皆様を支援させていただきました方法を存分に取り入れながら、開業スタート&宣伝スタートという感じでございます。

 

お客様が来ていただくようになると、会社の外からでは どこなのかわかりにくいので看板を自作してみました。自作なので笑わないでくださいね。

IMG_0880-1

 

これ、以前 当社で使っていた黒板をペンキで塗って作りました。結構 大きいんですよ。縦が120cmくらいです。出来栄えは別にして、きっと見たらココだとわかってもらえるはず(笑)

 

つぎの宣伝はfacebookでいってみようかな。

 

無料で露出できるところにはドンドンいきましょう。これから開業される方にも参考になるかと思い、現状の当社の宣伝を書き込んでみました。サロン様自身の宣伝は他にも良い方法がたくさんございますので、お電話くださいね。(会員様専用)

 

育毛部門もうまくいったら、皆様にフィードバックしていきたいです。ヘッドスパや育毛ケアは これからのエステでもきっと流行していくと思いますので。

 

ご覧いただきありがとうございました。それでは、また次回。

 

 

エステの自宅開業(22)

こんにちは。猫背矯正中のKunishiです。

パソコンばかりやってると首・肩がおかしくなりますね。(*_*) 皆様もお気を付けください。

 

さて、エステの自宅開業をテーマに色々と書かせていただいているこのコーナーですが きっとこれから開業しようと予定している方にもご覧いただけているのでは?ないかと思います。

 

もちろん当社の会員様にもご覧いただいて参考になればと思い、経営者的なお話もさせていただいております。

 

ここに書き込んでおりますのは、私の経験だけではなくて長年にわたって多くの店長様からいただいた貴重なお話も題材にさせていただいておりますので 私が偉そうに言ったり書いたりすることではないかもしれないのですが、私の備忘録として書かせていただいております。

 

そして当社とお取引いただいております多くの店長様は 個人事業主が多いのでどうしても情報量が限られていますから、知っておられたほうが、きっとお役に立つと思うような情報をこれからもミッシェルの立場でどんどん書き込んでいきたいと思っています。(聞きたいことがありましたら、迷わずに電話してくださいね。)

 

 

開業するにあたり、必要なものはなんでしょうか?

 

答えは エステの自宅開業(3)くらいから順番に読んでください。

というのではなくてですね、今日お話ししたいのは

エステの開業を本気で考えていらっしゃる方でも、大いに迷うことはあるわけです。

 

迷いは誰にもあることですよね。

 

エステをご自分でやっていく自信がないからあきらめたり、自信がつくまで先延ばしにしたりというご意見を時々耳にします。

 

私は思うのですが、本当にやってみたいのでしたら すぐにやるべきです。できる限り綿密に計算しつくして始めることができれば 言うことはないと思いますしやっていく自信がついてから始めることができれば これまた最高でしょう。

 

でも、どうでしょうか?

 

何かを始めるにあたって 最初からすべてのことを理解できて、しかも自信たっぷりに始めることができることってあるのでしょうか?私の経験で申しますと、始めてからわかることのほうが圧倒的に多いですし、自信というものは、やりながら経験を積んでいかないとつかないものだと思います。

 

新規の開業者の方に 失敗しないようにできる限りの経験をいち早くさせてあげながら多くのことを吸収していただきたいという考えがミッシェル流のエステ開業支援です。失敗を恐れずに進んでいただきたいと思っています。

 

もし、失敗してもすぐに微調整できる程度の修正可能な方法で開業するのでちょっとずつ小さな失敗はあると思いますが、それを訂正しながらより良いサロンを作っていくことができるはずです。

 

成功への近道としていえることは最初は、できるだけ物真似的にコピーしてみて 経験を積んでから ご自分の個性を出していくほうが うまくいくのではないかと思います。

 

それから、前回もお話しいたしましたが わからないことは経験者にとりあえず聞いてみましょう。いっぱい聞けば、経験したのと同じくらいの知識量になってきますよ。

 

開業者向けに書いてみましたが サロン店長様も 毎年いろんなことに遭遇しますし 新しいことなどを考えるうえで、どうしても迷いが出ることはあると思います。第三者の意見を聞くことは大切だと思いますが、最終的には ご自分の判断でやってみないと何もわからないと思います。

 

やってから修正していくことのほうが、私には大事に思えます。修正しつづけてもうまくいかなければ諦めるかもしれませんが 多くの場合、考えながら もしくは アドバイスをもらいながら修正すれば満足いくところまで もっていくことはできると思います。

失敗のまま終わるから失敗なのであって、成功するまで続けることができれば、たとえ99回失敗しても 100回目に成功すれば それまでの失敗は成功への軌跡となるわけです。(経営の神様のお話の受け売りです。)

 

まあ、そうは言いましても 私自身同じ課題で99回もうまくいかなかったら諦めるでしょうしたぶん、5回くらいでほかの方法を考えるとは思うのですが。。。。<(_ _)>

 

精神論的には、自分で始めたこと(開業でも新しいチャレンジでも)は最後まであきらめないでいたいと思うのでした。

 

今日は、抽象的なお話で分かりにくかったでしょうね。ごめんなさい。

どちらかといいますと自分自身に言い聞かせた感じのお話でした。理由は、また いつかお話しする機会があると思います。私自身、皆様同様 常に何かにチャレンジしていたいと思っております。

 

「お仕事を面白くするのは、自分自身だし 面白くなるまでチャレンジしないとね。」って考えています。これは、たぶん若い頃から変わっていないし、これからもずっとそのように思えるように頑張ってまいります。