エステサロンの開業とは

face01

■エステサロンの開業について詳しくご説明いたします。 

   近年、エステサロンの動向は市場規模3500億円程度で安定しているといわれています。
 大型のチェーン店と個人エステサロン店の2分化が進み、人気サロンも多数ありますし

 エステサロンを開業する人も多くいますがその多くの方は独自の方法での開業が目立ち、
 10年以内にそのほとんどが廃業されるといわれています。

 

勉強不足の状態でエステサロンを開業しないために このサイトではエステサロン開業について、より詳細な情報をご提供したいと思います。  

 

 【目次】

(1)エステサロン開業前にすべきこと

    1-1.エステサロンの種類について

            1-2.エステサロン開業の手続き            

            1-3.エステ技術の習得 (習得方法と難易度)

            1-4.資格について(資格、業界団体)


(2)エステサロンを開業する準備

      2-1.エステメニュー作り

              2-2.ホームページなどのメディア作成

              2-3.エステサロンの開業予算

 

(3)エステサロン開業本番

      3-1.プレオープン

      3-2.正規オープン
                                                          

 

(4)エステサロン経営継続の重要事項

              4-1.経営感覚を磨く

      4-2.飽くなきチャレンジャー精神

 

 

 

(1)エステサロン開業前にすべきこと

  1-1.エステサロンの種類について

     まずは、エステサロンについて学びましょう。  

 

     形態:
    
店舗サロン、自宅サロン、訪問エステ、理美容エステ、セルフエステなど

     業務内容:
     
美顔、ボディ、ヘッド、ネイル、脱毛、エクステ、まつ毛カールなど  

 

     エステサロンは、人の皮膚を清潔にし、もしくは美化し

     体形(プロポーション)を整えたり体重を減らしたりするために施術をするところ  

     エステティシャンの手技、化粧品材料、機器などを用いて施術するサービスのこと

 

     開業形態や業務内容も多岐にわたっているので、

     まず、自分がどのようなエステサロンを開業するか

     決定することがエステサロン開業のスタートである。  

         関連記事リンク 「エステサロンの種類で勝負」

 

  1-2.エステサロン開業の手続きについて

     エステサロン開業を決めたら、実際に開業(営業開始するまでに)

     開業場所のある地域の税務署に開業届を出す必要がある。開業届には費用は掛からない。 

     業務内容によっては保健所の許可が必要なサービスもある。

              関連項目で、申告については税理士やお近くの商工会議所で

     相談に乗ってくれる。

 

   1-3.エステ技術の習得  

     エステサロンの中心的な技術習得を始める。

     技術習得方法は、難易度が高い順番に

 

       ・エステ学校(スクール)へ入学

          学費や期間がかかるのでハードルは高め

       ・短期エステ技術習得コース

       ・大手エステサロンへの就職による技術習得

          会社で教育してもらえる

       ・個人エステサロンへの就職

          経験者から学べる

       ・通信によるエステ技術習得

          価格は安いが自学自習が基本で身につきにくい

       ・メーカーの勉強会参加

 

     当然上位ほど確実な技術が身につくがハードルは高くなり、

     下位ほどハードルが低い分個人の努力が必要となる。

         関連記事リンク「技術の習得・練習」

 

       1-4.資格について

     エステサロン開業の資格は国家資格などはないが

     上記の方法などにより十分な知識や技術を習得するための教育を受けるべきである。

     エステ・ネイル協会などにより試験を実施しているので

     各団体の試験を受けてディプロマを受け取ることで

     一定レベルのエステティシャンとして認めてもらうことができる。

     継続的な知識などを得るために各団体に所属するサロンも多い。

 

     例外としてまつ毛カールやまつ毛エクステは美容師の有資格者でないと

     実施できなくなっている様子。

 

     その他にボディ施術でシャワーなどを使用する場合は、公衆衛生法に関連して

     保健所に届けたり、管理者資格等が必要な場合があります。

     

          【エステサロン業界の主な関連組織】

       ・日本エステティック協会

     ・日本エステティック業協会

     ・日本エステティック経営者会

     ・日本エステティック振興協議会

     ・日本エステティック機構

     ・日本スキン・エステティック協会

     ・総合セラピー協会

    ・日本ネイリスト協会

         その他にもたくさんの協会がございます。

 

 

 

(2)エステサロンを開業する準備

   2-1.エステメニュー作り

      エステサロンのメニュー作りはお客様へ最大のアピールできる部分であり

      そのエステサロンの個性なのでとても重要な項目。

      1-1で示した業務内容に応じてメニューをつくるわけであるが

      その種類は膨大にあるので逆に自分がこのメニューをやりたいから

      エステサロンを始めるといえるくらいのこだわりを持つべき事項。

        参考記事 エステの自宅開業(3)

             エステの自宅開業(4)

             エステの自宅開業(19)

 

   2-2.ホームページなどのメディア作成

      現在のエステサロンの集客方法の重要な部分は

      ネットが主体といって過言ではないといえる。

      以前はTV、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアが広告媒体であったが

      今はツイッター、facebook、LINEに代表させるようなSNSなど

      ネット(主にスマホ)での広告・集客が中心になっている。

      事前に集客のノウハウを磨いているほうがより開業の準備としては

      理想的だと思われる。もちろん開業後にしかできないこともあるが

      ホームページ作成やfacebook、LINEの登録などは済ませておいて

      使用になれていたほうが良い。

 

      SNSなどでの集客以外でかなり有効なのは口コミです。

      友人・知人にエステサロンオープンの告知を手伝っていただくための

      ツールを作っておくこともかなり有効だと思います。

            ツールについては「エステの自宅開業(14)」

 

         2-3.エステサロンの開業予算

      自宅で開業するか、賃貸店舗で開業するかによって

      まったく開業予算の考え方は変わる。

      初心者が開業するのに最初から賃貸店舗というのは

      とてもリスクが高い。

      まずは、自宅で開業するほうが無難と思う。

      リンク「エステサロン開業の予算」

 

(3)エステサロン開業本番

    3-1.プレオープン

      開業準備が一通りできたら、プレオープンします。

      プレオープンは、本番と同様にお客様を迎え入れる訳ですが

      不安要素が解消されていないので

      知人・友人など周辺部分のお客様から

      お招きして不安要素を確認・解消するのが目的です。

      参考記事「エステの自宅開業(13)プレオープン」

 

    3-2.正規オープン

      いよいよ正規オープンです。

      エステサロン開業本番です。

      サロン環境のチェックも済み、接客の流れ、施術内容など

      万全な体制が整いました。

      あとはこれまで行ってきた集客作業を拡大させていくのが

      最大のお仕事になります。

           関連記事「服装やマナーについて」

           関連記事「ユニフォームについて」

           関連記事「開業時の営業」

 

(4)エステサロン経営継続の重要事項

    4-1.経営感覚を磨く

       エステサロン開業後に一番重要なことは

       経営感覚を磨くことです

       「利益の追求」は大切ではありますが、その前に

       ご自分のサロンを運営していくためにいくら必要なのか

       計算ができているかが大切です。

 

       一般的には、損益分岐点を知ること。

       必要経費がいくらかかり、ご自分の給料などを含めた金額を

       知らなければ経営にはなりません。

       とても大雑把ではありますが

        総売上-仕入れー固定経費=利益

       *個人事業者はこの利益が給料になるわけです。

          関連記事「開業資金と収支モデル」

 

    4-2.飽くなきチャレンジャー精神

       どの商売でも一緒かもしれません。

       エステサロン店長が常にお客様に飽きさせない工夫

       そして自分自身が仕事に飽きない工夫

       夢を追い求めて輝く未来を!

       輝いている店長にお客様は惹かれます。

           関連記事「モチベーションについて」

 

 

 

「自宅でエステサロンを開業しようと思っている方」へ

     もっともっとたくさんの情報を必要とされている方は

    当社までお問い合わせください。

 

    エステサロンの開業を夢や失敗で終わらせないためには

    たくさんの情報が必要です。

 

    さらに詳しい情報が必要でしたらページ一番上の

    「お問い合わせ」からご連絡ください。

              お電話でのご連絡は・・・0823-74-7010

 

 

 

 

 

エステサロン開業にむけての練習

こんにちは。ミッシェルのブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

前回からの続き的なブログですから、

エステ開業前の予行演習については、こちらをご覧ください。

「エステ開業のお試しとは?」

 

さて、今日の本題です。

ある程度お試しという予行演習を行っていただきまして、嗅覚を鋭くエステサロンの経営者的な感覚を研ぎ澄ましていただきたいと前回ご提案いたしました。

 

その後の展開といたしましては、

本格的にエステサロンを開業するための練習ということになります。

 

まずは、技術練習をしっかり積まなければなりません。

*場合によってはエステサロン働いていた方などは技術的なことはおおむね大丈夫という場合もあります。ここでは、まったくの素人さんから技術をレベルアップしていく方法を紹介していきます。

esthe1

■技術習得

(1)ミッシェルにご加盟いただける場合には、マニュアル&DVDでしっかりと基礎を学んでいただきます。

(2)メーカーへの研修会に参加いただくことも可能です。

(3)ミッシェルのサロンにて体験や訓練を受けることができます。(有償)

(4)メーカーでマンツーマンでの実技講習を受けることができます。(有償)

上記の方法で、かなりのレベルまで早急に引き上げることができると思います。

 

その他のやり方

〇最近は動画サイトがございます。Youtubeなどでもエステ施術の動画は、たくさんアップされていますので勉強になると思います。

〇通信教育のような技術マスターをする方法もあります。

*時間はかかりますがこのような方法でご自分なりにマスターしていくこともできると思います。

 

私が提案している方法は、極力資金をかけないで技術習得していただく方法だと思っています。

なぜかといいますと、練習の時までにお金がいっぱいかかってしまいますとこの後本当に開業してから宣伝や集客に貴重な資金をかけたいのにかけられなくなってしまう危険があるからです。

 

しっかりとした基礎訓練がとても重要です。

 

ミッシェルのサロンに初めて来てくださったお客様からよく言っていただけるのが

「今まで行ったサロンの中で一番良かった」

「すばらしい技術だった」

「ぜひ、通いたい」

 

あなたもこのように言っていただけるエステサロンの先生を目指しましょう!

 

 

 

 

エステサロンの収益について

こんにちは。

当社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 

本日のお話は

「エステサロンの収益」についてです。

 

エステサロンの収益は、以前にも書きましたが

役務サービス収益と販売収益の2つがあります。

 

逆の言い方をいたしますと、

2つの収益を獲得する方法があるのですから

両方共うまくこなしていけば倍になるわけです。

 

役務サービスというのは、エステサロンの主力サービスで

・フェイシャルエステ

・ボディーエステ

・ヘッドスパ

・脱毛

・ネイル など

おおまかにいうとこのようにお客様の身体に

なんらかの施術サービスを行うことによって発生する料金です。

 

販売収益というのは

上記の役務サービスを補完するために商材を販売することにより

発生する料金です。

例えば、

サロンでお顔をきれいにするためのフェイシャルエステを施術した場合、

そのきれいな状態を継続するためのお家用ケア化粧品を販売したり

お肌のお悩みをより早く改善に導くためのケア商品を販売したりします。

 

ボディエステですと、

痩身用ボディークリームでお家でも継続ケアしてもらって

次回ご来店時までに少しでも結果を早く出すようにしたり、

痩身用健康食品などで体重の増加を防いだり

プロポーションを整えるためにサポーターや補正下着をおすすめしたりします。

 

エステサロンさんが考えなければならないことは、

①お客様に来ていただくこと(集客)

 お客様が増えないことには、役務サービスの収益が増えません。

②お客様が増えたら販売収益のアップを目指すこと(販売力アップ)

 

この2点に尽きます。

 

①お客様に来ていただくためには

ご自分のサロン・コンセプトをしっかりと確立して

自分自身が自信をもってお客様におすすめできるものがあるかどうかです。

②販売力アップのためには

商品の理解を深めることです。(勉強しましょう)

店長さんが、自信をもって商品を勧めるには

相当の勉強で得た知識に裏付けされる自信がないと

浅い知識ではお客様を納得させることはできません。

 

ちょっとお話がずれてしまいましたが

両輪をフル回転させてみてください。

 

私たちのようなサイズの店長様=オーナーのおひとり経営サロン様でも

相当な売り上げ(収益)を獲得されているサロン様もたくさんございます。

 

ご自分の目指すサロンの収益はどのくらいですか?

1万円

10万円

100万円

1000万円

1億円

年間にどれくらいの売り上げを上げて

年間にどのくらいの利益を得たいですか?

 

フェイシャルエステサロンやボディサロン、脱毛サロンを起業したいと

お考えでしたら、ぜひ当社までご連絡ください。

有限会社ミッシェル商事

☎0823-74-7010

face01

 

 

フェイシャルエステ開業時に大切なこと

こんにちは~。

当社のホームページをご覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

 

今日のお話ですが、

フェイシャルエステの開業時にどんなことが大切か?

といったお話です。

 

■開業時前後に必ず経験すること

これからエステサロンをオープンしようと準備をしていると

いろいろな悩みにぶつかります。

もし、ぶつかっていなければ

必ずオープンしてからぶつかります。

 

それは、お客様に来ていただくために

どのようにすれば、自分のエステサロンに来ていただけるのかを

ご自分自身の中にちゃんと整理できているか?どうかです。

 

簡単にいいますと集客方法と言えばそれまでですが、

もうちょっと複雑です。

集客方法というのは例えば、どんなツールを使って集客するとか

どんな宣伝媒体を利用すればいいかなどを検討して

一番有効な手立てを打っていくことだと思うのですが

今回お話しているのは

方法以前にご自分がお客様をお誘いするときに

どのように宣伝できているかといった問題です。

 

例えば、

「今度、おうちでエステサロンを始めることになりました。

ぜひ、来てくださいね。」・・・普通すぎ

「エステサロンをオープンします。他ではやっていないような技術だから

ぜひ、試しに来てみて。」・・・ちょっとだけ興味が湧くかも

「お肌のことで何かお悩みはありますか?あったら教えて。

これからエステサロンをオープンするから気軽に相談して」

・・・なんか行ったら売りつけられそう

「今、エステサロンをしようと思って猛練習中なの。

できたらモデルになってくれないかな?いろんなタイプのお肌で練習したいの。」

・・・無料だったら行ったげてもいいよ

「今までとは違うタイプのエステサロンをしたいの。

うちのウリは○○〇〇なんです。」

・・・ニーズにフィットすれば興味大

「エステサロン始めたの。友達から順番に来てもらいたいの。

いろんな意見を聞かせてほしいから。優待価格でお待ちしてるわ。」

・・・金額によっては行ってもいいわよ。

 

といった感じでしょうか?

ホームページやFacebookやLINEで宣伝するにしてもそうですが、

自分の言葉や行動で他人の心を動かさないといけないということを

これまでの人生において普通の人は訓練してきていないわけですから

自分の言いたいこと、伝えたいことを

他人にうまく伝えたいというのは結構なハードルです。

 

営業職出身者でしたら、この辺りはうまくこなしていかれることでしょうね。

でも、エステサロンを開業する方が全員、接客業やサロン出身者ではありません。

 

それで第一の壁にぶつかります。

それはそうですよ。訓練したことがないのですから。

 

ここからが、今日の一番いいところです。

壁にぶつかってからがエステサロン・オープンの本番です。

 

ぶつかっても関係ないよって感じで

ご自分のやりたいようにイケイケどんどんで突破される行動派の方は

失敗も多いかもしれませんが、経験値も上がっていきますので

割と早い段階でご自分のパターンを見つけることが多いです。

 

上の例のようなトークで何度かうまくいかなかったら

言い出せなくなる消極派の方も結構いらっしゃいます。

うまくいかなければ、言い方やトークを変えてみればいいのですが

こういった性格の方は割と同じパターンで何度も失敗します。

そして、言い出せなくなった・・・挫折。

 

ちょっと両極端なタイプのお話にしてみましたけど

スタート時にうまくいっていない店長さんがいらっしゃいましたら

感じることがあるのではないですか?

 

多くの経験者の方が語っておられますが、

「失敗は成功のもと」

たくさん失敗した人だけがうまくいく方法にこぎつける。

 

でも、これって精神的にへこみまくりますよね。

出来るだけ失敗しない方法を教えてほしいじゃないですか?

そのために当社のような会社が応援しているわけです。(^^)/

(ベタな宣伝ですみません)

 

お話を戻します。

新人店長のときには、成功するための行動パターンを獲得するために

とにかく多くの行動を試みることです。

もちろん、こうやってみたらどうかといった提案やアドバイスは

いたします。逆に本人もやってみたいことをこちらに投げてみてください。

 

お互いに擦り合わせることで

ご自分に合った行動や方法を見つけることができたりします。

先輩店長のまねだけでうまくいくこともありますが

ご本人の性格や指向も大きく関係してまいりますから

通常は成功者の真似だけではうまくいきません。

 

ご自分の方法を見つけるべきです。

当社とのディスカッションの中で磨かれていきます。

これこそが訓練です。

 

今日の最後にお伝えしたいこと

新人のうちは「行動した数で勝負せよ」

今日、お客様に来ていただくために何を行動したか

カウントしてみてください。

 

結果を焦るのではなく、行動した数で

その日の満足度を高めていっていただきたいのです。

 

結果ばかり追いますと、逆にうまくいかなかったことばかりが

目立ってしまい、モチベーションが下がり言葉が出なくなり

行動までもしたくなくなります。フリーズ状態

 

フリーズしないためにも

ご自分の心のコントロールが重要です。

モチベーションが下がらないようにするのが大切なのです。

サロン経営者は、ご自分のマインドをご自分でアップさせないと

継続ができないのです。

 

今日は集客チラシを何枚つくったとか

今日はそのチラシを何人に配ったとか

今日は何人に電話してみて伝えてみたとか

今日はLINEの宣伝文句を何個考えたとか

なんでもいいので、自分がお客様を呼ぶための行動を

何個できたかカウントしてみてください。

このように行動を増やしていくと

必然的にご自分の満足度が上がりますし

結果もおのずとついてくるようになります。

 

エステサロン・オープン時前後に

このような行動が取れていなければ最初は良くっても

いつか壁がやってきます。

最初っから壁に対抗すべく、ご自分の接客力や営業力をアップさせるための

訓練をしていきましょう。

 

これが成功への近道です。

 

今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご相談はミッシェル商事まで。 ☎0823-74-7010