CBS ウインターキャンペーン まもなく開始!

こんばんは。kunishiです。広島は冷え込んでまいりました。

皆様、健康には十分ご注意くださいね。さて、今日も読んでくださってありがとうございます。

 

今日はお知らせですので、さらっと読んでくださいね。

 

毎年、この時期の恒例になってまいりましたCBS社の年末キャンペーンです。

 

とても人気が高いので、すぐに無くなってしまう可能性がございます。去年も期間中にもかかわらず、12月中旬にはメーカー完売してしまったと思います。

 

今は、まだ、これから始まるキャンペーンですので、ラボプラス、エステラボ季節限定メニュー すべてご注文可能ですので、ご興味のある方はぜひ、ご検討いただき お早めにミッシェルまでご注文お願い致します。

 

季節限定メニューは『オーガニックハニー&カカオ』モイスチャープログラムです。毎年2回季節限定が発表されますが、この年末分のほうが人気が高いです。毎年、ちょっと変わった施術でお客様に楽しんでいただいておられるサロン様が増えています。お年玉メニューとか新年サービス企画として、楽しみにしていらっしゃるお客様も多いとお聞きしております。この時期だけ ちょっと変わったメニューはいかがですか?

 

詳しいことは、会員様専用サイトの『新着コーナー』にてご案内しています。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。 m(__)m

cbsキャンペーン

 

エステの自宅開業(13)

こんにちはー。kunishiです。

今日もエステ店長サンのために、そして これから開業をお考えのかたに

為になることをお話できればと思いながら、書いてみたいと思います。

 

ちょっと前のブログでお話した続きになりますが

エステの技術的な練習がすすんでまいりましたら、エステモデルになってくれる方をたくさん見つけて依頼して

本番のイメージで、たくさんのモデルさんをこなしていきながら

自分自身のエステ技術を向上させるように頑張ってくださいと書きました。

技術だけではなく、お肌の観察やアンケート、またカルテなどを記入する訓練や

接客話法など 本当にいっぱい学べるということをお知らせしたと思います。

 

こういった経験を積んでまいりますと きっと本人様が一番よくわかると思うのですが

少しづつ自信がついてくる頃だと思います。

ミッシェルにご加盟頂いた方ですと、この頃に再度広島に来られて

ベテラン店長さんに技術的なアドバイスを受ける方もいらっしゃいます。(^o^)

でも、実際にベテラン店長さんにアドバイスを受けますと

まだまだ未熟で 凹んで帰るかたもいらっしゃいます。

当たり前ですが、まだ、見習いレベルなので ベテラン店長さんは簡単には褒めてはくれません。

でも、やさしく指導してくれるので、きっと良いアドバイスがしてもらえていると思います。

後にとても役立つことでしょう。

 

さあ、後ひと踏ん張りでオープンです。

そろそろオープン日を決めたり、正式なメニューを作ったりしましょう。

慌てて忙しくすると失敗しますので、落ち着いて色々考えられるこの時期は

とても重要です。

 

ご自分のサロンのオープン日を決めたら お知らせのためのハガキやチラシを

ご用意することをオススメいたします。(ミッシェルにサンプルはございますので、ご相談ください。)

とりあえず、モデルを引き受けてくださった方に ハガキを出すように致しましょう。

この時点で エステモデル50名くらい練習させてもらってると 結構面白いスタートになりますが、

モデルが少なかった方は、これから奮起して頑張りましょう。

 

ここで、まず最初に大切な「メニュー作り」ですが

まだ、最初なのでたくさんの事はできないはずですので

何でお客様のハートを惹きつけられるのかを考える必要がございますね。

ここが、重要なのは以前のブログでも申し上げました。

 

ミッシェル・スタイルですと

「高級ホテル・エステで長年使用されてきた 効果の高い材料と技術を

お手軽料金で体験できる究極エステのフルコース」

こんなかんじのキャッチフレーズでチラシやご案内を作ります。

 

メニューやキャッチフレーズを考える際に

もうひとつ考えても良いと思うのが、ご自分のサロンの制度的なことです。

例えば、最近のサロン様は その都度払いでエステ料金をいただくシステムにしておられる方も

多いと思いますが、これまでのサロン様はチケット制やキープ制とか 月払い制や年払い制とかも

ありました。

 

どんな方法があるのかを研究するのも面白いと思いますが、ご自分のサロンですので

ご自分がなんでも決定できます。これが素晴らしいことですよね。

 

本来は、エステティックというのは 美容院のような1回勝負のお仕事ではなくて

継続的にお肌を観察させていきながら、良い方向にすすんでいくような病院の感じに

近いと思っておりますので、継続性を重視していただければと思うわけですが

最初っからチケット販売は出来ないよ!とおっしゃる新米店長さんも多いので

ここは、継続性は重視しているけれども その都度払いという方法を取るケースで

考えてみましょう。

 

私の通っている整体院でも やはり その都度払いなのですが

チケット(回数券 いや 予約表か?)がどこの整体にも必ずあります。

自慢ではありませんが、今年になって 7箇所以上のの整体や鍼灸を渡り歩いております。

そこでは「次回のご予約は どうされますか?」とか「次は いつにされますか?」と

永遠に聞いてこられます。割りと皆様、上手に次の予約をお取りになります。

もちろん、エステティックでは

何回で綺麗になりますとは申し上げにくいのですが、整体や鍼灸院でも絶対に何回で治るとはおっしゃいませんので

その点では、同じような感じなのではないかと思っております。

先生の熱意の差はやはり感じますよ。絶対に治してあげるという雰囲気は

エステの先生の「絶対にキレイにして上げる」というものに似ているように思うわけです。

脱線してしまいました。

 

そういったわけですので、新米店長さんは その都度払い方式でスタートして

それとなくお客様のお座りになる位置から見えるところに

「エステ回数券 5回券 特典○○あります。」

「エステ・チケット10回券 お得です。」とか

さり気なく書いてみてはいかがでしょうか?

きっとあなたのエステを気に入ってくださった方は 特典が気になると思いますよ。

特典の作り方やエステ・メニュー金額のご相談は お気軽にご連絡ください。

地域性やターゲットでメニュー作りは変わってきます。

これが、ミッシェルのノウハウという部分になると思います。

 

それでは、また!

 

 

エステの自宅開業(4)

こんにちは。kunishiです。

しばらくカラッとしたお天気を見ていません。

 

前回の続きですが、サロン開業を決意したら何から始めたらいいの?っていうお話の続きです。

 

まずはご自分のご興味のあるメニューの検討から始めるのがいいのではとご提案したわけですが例えば 当社が一番得意なフェイシャルメニューを例に上げてみますと

 

・ベーシックコース(基本的な洗浄&マッサージ)

・ODT(栄養導入)コース アンチエイジング・美白目的

   石膏マスク、パラフィンパック、その他ピールオフパックも含む

・イオン導入&導出(プラセンタやビタミンCなどの原液導入)

・超音波(スクライバーや低周波グローブも含む)

・ポレーション

・リフトアップ(小顔、顔やせ)

・炭酸ガスパック

・光美容

・毛穴ケア(吸引なども含む)

・ピーリング

 

他にもたくさんありますし、重複して使用するものもあります。

業務的にリストアップしたので、初心者の方にはわかりづらいですね。

 

普通は、

フェイシャル・ベーシックコース

アンチエイジングコース

ホワイト・ブライトニングコース

アクネ(ニキビ)コース

敏感肌コース

リフトアップ・小顔スリムコース

こんな感じなのではないでしょうか?

 

中には、ダイヤモンド、エメラルド、サファイヤ、ルビーというような名前で

メニューを作っていらっしゃるサロン様もあります。

松・竹・梅というメニューはお寿司屋さんですね。(^_^;)

 

これから開業される方に申し上げたいのですが、

メニューは徐々に増やしていけば良いということです。

 

基本的なベーシックコースが上達すれば、ミッシェル・スタイルのエステ技術はこれだけでもかなりの集客ができるだけのスキルです。ですから、まずはコレをマスターしてから他のものにという手順になります。

めっちゃ宣伝口調になってしまいました。

お話はそれましたが、最初っから多くのメニューを作れるといいのですがそれなりに機器や材料などの出費が増えますのでまずは、それだけでお金がいただけるだけの基本的なエステの手技を身につけておかれると良いと思います。

 

これさえ習得できれば、メニューはどんどん増える・進化していくことが出来ます。

 

ミッシェルの方法でご開業の準備をいただけるのであれば まず、このように基本コースをマスターしていただき、続いてODTコースを学んで頂いております。最初はこの2種類のコースを練習してから、簡単なオプションを増やすことで、メニューを3~5種くらいにして開業することをおすすめしています。

 

ミッシェル流ではない方でも、このように進めていくと開業の形が見えてくると思います。

次回は、技術習得についてです。

それでは、また!